最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

2016年9月26日 (月)

スズキタカユキ氏出演のTV番組「情熱大陸」を見て

過去の人生で二度、デザイナーのスズキタカユキ氏とニアミスしたことがあります。

一度目は、2000年代の前半、表参道で開かれていた合同展会場で。

その展示会にどういう経緯でそのころはまだファッション業界内にあまり人のつながりを持っていなかった私が呼んで頂けたのかは忘れてしまったのですが、人気、実力共に高いブランドさんばかりが集められていて、非常に緊張しながら入場した記憶があります。

その中で忘れ難いほどのエネルギー、クリエーションの独自性を感じたのが、アクセサリーブランドの「ヨシコクリエーション」と、「スズキタカユキ」でした。

ナチュラル系がブームになるよりも随分前に登場していた鈴木氏の服は、単に天然素材を用いて着易いシルエット=イージークロージングに仕立て上げた前者の多くの商品とは異なり、

染め、汚し、ディテールへのこだわりが随所に施された繊細で技巧的なドレスで、「儚い」という言葉がぴったりの美しい服でした。

ファンの方々がスズキ氏の服を渇望する気持ちが、展示された商品の数々を見て、非常によくわかるなと思ったのを覚えています。

二度目は、2012年11月、PR01.さんが初めて台湾の台北でroomsLINK TAIPEIを開催された際の、ファッションショー/ライブペインティングです。

この時は、ご本人自らが筆を持ち、モデルさんが着用した白いドレスに墨で柄を描いておられました。

定められた時間がたぶん満了してしまったのであろうという時になっても、納得がいくまで何度も何度も服の上に墨絵を描き続けるスズキ氏。納得がいくまで時間をかけ、手を動かし、創作に打ち込んでおられる姿に圧倒されました。

先程、TBS系列のTV番組「情熱大陸」で、スズキタカユキ氏の最近の仕事ぶりや、インドネシア進出の様子を拝見し、

知恵を絞り、手をかけ、とことん良い服を作る、という姿勢が、

今も全く変わっておられないことに、非常に感銘を受けました。

仕事へのオファーを、前向きに受諾され、期待されている以上の結果を出しておられることも、

周りから「またスズキさんにお願いしたい」と思ってもらえる理由なのではないかと思います。

ウエディングドレスの仕事と、インドネシアの仕事に共通しているなと思ったのは、自分の美意識、表現したいことを一方的に相手に押し付けるのではなく、

相手の求めておられるものとの落としどころを探り、満足してもらえる商品を作っておられるところです。

良い番組でした。スズキタカユキさんの、ますますのご活躍を、心よりお祈りしています。

2016年9月25日 (日)

熱量の高い品揃えと店づくり、接客に感動ーーユナイテッドアローズ六本木店

今、六本木が熱いです!先週末に続いて、昨夜は、9月22日(木)に、六本木ヒルズ内に以前はメンズ、レディスで分かれて展開されていたお店を1箇所に統合、リニューアルオープンしたばかりのユナイテッドアローズ六本木店さんに行って参りました。

ロケーションは、六本木ヒルズ内のウエストウォークというビル内の2Fと3Fで、2Fがレディス、3Fがメンズになっています。

すぐお隣が、例えば香港でいうとハーベイ・ニコルスとかレーン・クロフォードクラスの小型高級百貨店もしくは大型セレクトショップと呼称すべき業態の、エストネーションさんなので、面積だけを比較するとUAさんは狭いということになってしまいますが、

売り場を訪れてみると、「クロムハーツ」を筆頭に、駅ビル内のUAさんのショップの品揃えよりも2格くらい上のハイクラスのブランドがズラリと揃った商品ラインナップに圧倒されます。服好きな方だと、必ずや心躍る、興奮するであろう売り場です。

更に、服と服飾雑貨だけでなく、和菓子や、イギリスのスーベニア、そして、大小様々な招き猫まで置かれています。プチギフトを探しておられる方、そして、そんなにおこづかいが沢山ない方でも、充分に楽しめる、宝探しすれば宝物が見つかる喜びがあるように感じました。

それと、いつも思うんですが、UAさんはスタッフの方々の接客が素晴らしいですよね!商品知識が豊富な方々で、コーディネート提案がひとひねり効いていました。

レディスでは、先日のバーニーズニューヨーク六本木店さんと同じく、こちらにも「ハリカエ」が!そして、メンズでは、有松鳴海絞りの「スズサン」さんの絞り染めカーディガン(68,000円)も置かれていました。

各社さんがこぞって六本木を強化しておられるのは、二極化が進む日本社会の状況を踏まえると、"上"の客層の取り込み、強化が不可欠だと見ており、新興富裕層が居住及び勤務する六本木エリアが重要な立地だと考えておられるからに他ならないと思います。

六本木ヒルズさんに関しては、正直、建物の構造がわかりにくく、買い回りしにくいビルのように思いますが、下層階の良いロケーションを確保しているUAさんに関しては、お隣のエストネーションさん同様、しっかりと数字を作っていかれるのではないかと思います。

お金がないので滅多に買えませんが、それでもちょくちょく覗いてみたいなという気持ちになる、熱量の高さが強く伝わって来るお店でした。

2016年9月20日 (火)

新富裕層多くポテンシャルありーーバーニーズニューヨーク六本木店オープン

先週の金曜日、9月16日の夜、オープンホヤホヤのバーニーズニューヨーク六本木店に行って参りました。

バーニーズニューヨークさんに関しては、東洋経済オンラインさんがこちらの記事で、

「セブン&アイさんの百貨店事業との相乗効果が見られない」とおっしゃっておられるのも至極最もだと思いますし、

個人的には前々から、路面に固執せず、競合のエストネーションさんの「エストネーションビス」のように、駅ビルへの進出を図った方がよいのでは?と思っているのですが、

その点は置いておいて、六本木店だけを見ると、そこそこポテンシャルはあるのではないかという気がいたしました。

このお店、路面店ですが、六本木ミッドタウンの「イセタンサローネ」の真向かいにあります。その少し先に、「リステア」「221リステア」があり、お買い物のはしごをするには非常に便利な立地です。

16日の夜も、ファッション感度も所得も高そうな方々がお見えになっていたので、元々六本木界隈に住んでいたり勤めておられるこういう客層を獲得すれば、充分勝算はあると見てご出店されたのだと思います。

ショップは、1Fがレディス、2Fがメンズ。ネットニュースにも書かれていましたが、レディスのバッグ、ジュエリー、時計でラグジュアリーブランドのヴィンテージ品をかなり沢山置いておられましたが、

バッグの「エルメス」「シャネル」を筆頭に、非常にコンディションが良く、厳選された品揃えになっていることに感心しました。

これらのブランドは新品でも入手しにくいので、インバウンド客、若いお客様、水商売をやっておられる方などではっきりそれとわかる「ブランド物」が好きな方などに手堅く売れていくのではないかという気がしました。

また、レディス、メンズとも、オープニングに合わせた人気ブランドと工場とのコラボ企画をやっておられるのも面白いなと思いました。

固定客を作っていくことが重要なスペシャリティストアですが、バーニーズさんには元々接客力の高いショップスタッフさんが揃っておられるのが強みだという気が致します。

レディスでは「ハリカエ」「INNH」、メンズはイタリアンブランド中心にドメスティックでは「カラー」「サカイ」など手堅いところが押さえられていましたが佐藤繊維さんの「991」のニットに注目したいですね。

2016年9月12日 (月)

アメリカのスタートアップ企業Sewboが初めてロボットによる服の縫製に成功したと発表

私が20代の頃に、日本でもミシンを"マシン"=人手なしでの縫製可能なロボットにしようとする研究が産総研さん(公的な研究機関)辺りで行われているらしいよ、という噂を聞いたことがありますが、

その頃は「ほとんど無理じゃないか」と思われていた技術が、アメリカのスタートアップ企業Sewbo(たぶんソウボと発音するのではないかと思います)さんによって実現したらしい、という記事を見ました。


記事によると、出来上がったサンプルはTシャツで、テキスタイルには伸縮性があって安定しないことがロボット生産に適していない原因であるということを見抜き、それへの対応として、一度ポリビニルアルコールで生地を固めておいて縫製し、後でもう一度柔らかくすることで、ロボット生産を可能にした、ということのようです。

出来上がったサンプルがどれくらいのレベルの出来栄えなのか、是非その辺の情報を詳しく公開してほしいと思ったのですが、

これ、日本だと民間のスタートアップの方が最初にこういうチャレンジをするというのが考えにくい(残念ながらファッションの、しかも生産の分野に関心を持っているような若者が少ないように思うので)のですが、

誰かが最初に着想したことの改善、改良は日本人は非常にうまいのと、

服づくりに関しても、ロボットの生産に関しても、物的な「製造する」ということに関しては、日本には技術や人材の蓄積があるので、

Sewboさんに追随する形の研究開発をミシンメーカーさんが行って一気に進める、というのは、大いにありなんじゃないかと思います。

ブラザーさんなどの大手ミシンメーカーさんは、実はドローンを開発していたりして、IoTの先頭集団の中には入っておられますので、ぜひ祖業に近いところでのロボット開発も、進めて欲しいものですね。

2016年8月29日 (月)

2016年9月、ニューヨークで「New York Textile Month」が初開催

今年(2016年)9月、ニューヨーク(NY)で「ニューヨークテキスタイルマンス(New York Textile Month)」が1か月間に亘って初開催されるそうです。

ファッション業界と、学校、美術館など、幅広いジャンルの方々が一緒になって、

テキスタイルの魅力を見直そう、という趣旨の展覧会や、小売店での展示インスタレーション、トークショーなどのイベントを幾つも実施していくみたいですね。

公式ホームページを見ると、日本の企業さん(トゥモローランド、イッセイミヤケトライベッカ、無印良品)も参加者のリストに名前を連ねておられます。頼もしく、嬉しいことです。


どのような反響があるのか、まだわかりませんが、面白い試みだと思います。日本でも消費者、生活者を巻き込む形で同じようなことがやれたらいいですね。

2016年8月22日 (月)

これは便利ー"手ぶらで出張"できるサービス「DUFL」が年内にも日本上陸

CNET JAPANさんの記事から。アメリカ発の「DUFL」というサービスが2016年内にも日本に上陸するのだそうですが↓↓↓


私自身も、過去にフィレンツェの空港に荷物が届いていなかったり、香港でタクシーの運転手さんとつたない中国語でのおしゃべりに熱中してそのまま荷物を持ち去られた(?)とか、海外に行く前日まであまりにも忙しく荷造りする暇がなくて2つも3つも忘れ物をして行ったり等々の経験をいっぱいしてきているので、

マーケットサイズはそんなに大きくないかもしれませんが、「絶対ニーズあるよね」と思えるサービスです。

大きな荷物がなくなるだけで、海外出張がどれだけ楽になるか!どうしてこれまでこんなビジネスが存在しなかったのかな、と思うくらいです。

出張だけでなく、ゴルフでも、というのも、良いアイデアだと思います。

ただ、出張でいつも同じ服装、というのは、ファッション業界人としてはNGかもしれませんが。

レンタルサービスとは、倉庫やクリーニングがセットになって成り立つところが非常に近似しており、

将来的にはシェアリングエコノミー=「レンタルとの組み合わせ」という着眼点も鋭いですね。

派手さはないですが、確実に困り事を解決してくれるサービス。日本でも堅実に育てて欲しいなという気がします。

«ランドセルの人気ECサイトがアクセス集中でシステムダウンしたという話