最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

2017年9月18日 (月)

ゾゾタウン(ZOZOTOWN)でもランドセル売ってます

さっき気づいたんですが、
最近は、新入学前の子どもさんのためにご両親やおじいちゃんおばあちゃんなどが良いランドセルを探して買い求めようとする活動のことを「ラン活」というらしく、
土屋鞄製作所さんなど、人気サイトではあっという間に高額の型番が予約完売してしまったり、
イトーヨーカ堂さん、イオンさんなどの大手量販店さんなどでは、かなり早い時期からランドセルの展開が始まって、大々的に宣伝されたりしているようですが、
いつも買い慣れたECの売り場で買う、という方は、当然おられると思います。
イマドキのランドセルは、10万円以上のものもあるようなので、こちらの商品はまだ安い方の部類に入るのでは、と思います。
もっと安く買いたい人は、ニトリさんへ、ということになるのでしょうか。

2017年9月10日 (日)

日本に上陸した台湾発のスマホライブ配信アプリ「17LIVE」、面白いです

TECHWAVEさんで紹介されていた、
台湾発のスマホライブ配信アプリ「17LIVE」を
さっそく自分のiPhoneにインストールして視聴してみましたが、
面白いですね!
ユーザー層は非常に若くて、10代〜20代なりたて、くらいの方々が中心みたいです。台湾からの配信を見ていると、現地のピュアヤングの皆さんの"気分"が伝わってくる感じで、自宅で寝転がってスマホを見ながら、国境を超えた双方向型のコミュニケーションが出来る事が楽しく、気分が上がります。
TECHWAVEさんで紹介されている、創業者のJeffery Huang氏のコメントもいいですね(^^)
日本でアカウントを作って配信しておられる方も、中国語を話しておられる方(つまりは、たぶん留学生やルーツが中華圏にあると思しき方)が今のところまだ多いようです。
既にツイキャスとか、LINE LIVEなどのサービスがあるので、日本で「17LIVE」がどこまで支持されるかはわかりませんが、
アジアに出て行くことを考えておられる皆様は要チェックだと思います。

台湾発のスマホライブ配信アプリ「17LIVE

2017年9月 3日 (日)

オール3ドルのネットショップ「Brandless(ブランドレス)」

久しぶりに「100SHIKI」さんの投稿を見ていたら、



販売されている商品が全て3ドル均一、というのは、

日本の100均(100円ショップ)とか、パルグループさんの「スリーコインズ」などのコンセプトに似ておりますが、

実店舗が先なのではなく、ネット発、というところが、アメリカらしいです。

ひょっとしたら逆に、「Brandless」さんの方が、日本の前述した業態などからヒントを得てサイトを立ち上げたのかもしれないですね。

2017年8月20日 (日)

ブラザー工業のネットショップ用感熱ラベルプリンター

ネットサーフィンしていて偶然に見つけました。ブラザー工業さんが、感熱ラベルプリンターをネットショップ向けにPRしておられるページです↓↓↓


運送会社さんの送り状以外のものをプリントして貼りたい方には便利ですね。タックシールではなく、感熱ラベルなので使い易くコストも低いと思います。

プロジェクターなどもそうなんですが、これまで業務用仕様で大型だったものを小型にして価格も買いやすくすると、

小さなお店、そして、個人にも普及していける機器類は他にもあるのではないかと思います。

プロと個人の境界がなくなっている時代、中古品の流通も含めて、ビジネスチャンスはいろいろあるはずですよね!

2017年8月 6日 (日)

馬鹿T(馬鹿Tシャツ)とアートT(アートTシャツ)のあいだ

今日1日限りの開催のイベントなので、見つけたときにはもう出かけることが出来ない状況なんですが、

3331Arts Chiyodaさんの「三三三市〜Tシャツ市」の紹介ページを見ていて、

いわゆる「馬鹿T」と呼ばれる面白Tシャツと、

アートT=アート系のTシャツの境目というのは、

どこにあるんだろう、と、思ってしまいました。

「馬鹿T」はオシャレじゃないけと、アートTはオシャレの範疇に入っている、ということなんでしょうか。

私は、「馬鹿T」がきらいじゃなくて、その日の気分によってはこっち系で行こう、と思ったりすることもあります。

ゆる系の馬鹿TやアートTもいいですが、ちょっと攻撃的なタイプのコピーや絵柄が入ったものもたまに着ると気分が上がりますよね。

» 続きを読む

«香港I.T新コンセプトのライフスタイルショップ「i.t blue block」をオープン