最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

2017年11月12日 (日)

PR TIMESがリリースした2つの動画PRサービス「PR TIMES TV」「PR TIMES LIVE」に思う

11月8日(水)にPR TIMESさんが発表した2つの動画PRサービス


(リンク先はCNET JAPANさんの同サービスについての記事です)。

スマホで動画視聴が当たり前となった今の時代にマッチしていると思います。

「PR TIMES LIVE」の方では、記者発表当日に欠席だった記者向けにオンラインで取材が完結する仕組みを提供されるそうですが、

「PR TIMES」さんのような、文字ベースでのニュースリリース配信サイトが登場したときから、

メディアの存在意義というのがかなり問われるようになっていた(リリースのコピペがネット上に数多く拡散される)という状況になっていると思うんですが、

文字起こしまで「PR TIMES」さんにやって頂いて、それでは一体記者さん達は何をやるの?という感じですよね。

マスコミの、裏の現状がバレバレ、という感じで、何か笑えます。

ひとつ思ったのは、テキストと画像から作成された動画も、LIVE配信も、「PR TIMES」さんの公式ホームページとSNSの公式アカウントからの発信は行われますが、

記者発表を行った企業さんのホームページやSNS用としてのデータの提供はどうやら行われないみたいで、

それが、ちょっと残念ですね。

「編集・制作 PR TIMES」の但し書き付きで企業さんの方でもそのまま活用できれば、もっと便利だと思ったんですが、どうなんでしょう?

2017年10月29日 (日)

NYのアイウェア通販ブランド「ワービーパーカー」がハロウィンコスチュームのアドバイスサービスを実施

ネットサーフィンをしていて、イケてる楽しいサービスを発見!

NY発のアイウェア通販ブランド(今風の言い方をすると、D2Cブランド、ということになると思いますが)「ワービーパーカー(Warby Parker)」のブログに、

ハロウィンに向けて、どんなコスチュームを身に着けたらよいか迷っている人に向けて、ワービーパーカーのコスチュームカウンシルが2つのサービスを展開している、という趣旨のことが書かれていました。

1つは、同社の本社を訪問すれば、リアルでのアドバイスを行う、ということ、

もう1つは、スマートフォンでのチャットボットでの解答。絵文字で質問を行う、というところも、ユニークですね。

もちろん、これは、シャレ、というか、お遊びだと思うんですが、「一緒にハロウィンを思いっきり楽しみましょう」、というメッセージを出すことで、「ワービーパーカー」さんのファンのテンションを上げ、ますますブランドのファンになってもらえる、という効果があると思います。

仮に、そんなに沢山の人が反応してくれなかったとしても、そんなにコストがかかるわけではないので、全く以て問題ないですしね。こういう楽しい思いつきは、すぐにやって見ることが大切だという気がします。

2017年10月15日 (日)

行きたかったなぁ、QVCジャパンのリアルイベント「QVC DAY」

TVショッピングのQVCジャパンさん主催の、こんなイベントが、開催されていたんですね↓↓↓


TV通販でしか売られていないブランドを、実際手にとって見られるよいチャンスですし、

TV通販は、メディアであるという側面もあるので、いつもTVの向こう側にいる出演者の方々の生のトークが聞ける、というのも、ファンにとっては嬉しい機会ですよね。

頻度高く購入して下さっているファンとの触れ合いと、新しいお客様へのリーチと認知度アップ。どちらに重点を置くにせよ、意味はあると思います。

次回また開催されることがあったら、ぜひ出かけてみたいと思います。

2017年10月 1日 (日)

ゼンタングル

「大人の塗り絵」につづいて、

静かにブームになりそうなのが、「ゼンタングル」なのだとか。


簡単な幾何学柄を、自分でどんどん描いていくのが「ゼンタングル」。「ゼンタングル」の「ゼン」は「禅」を意味しているそうですが、その言葉通り、集中して作業することで、気持ちがすっきりするみたいです。

「ゼンタングル」や、「大人の塗り絵」を見ていて思うんですが、こんな風にして創作や彩色した自分オリジナルの作品を、

デジタルプリントして、バッグやワンピース、スカートなどのオリジナルテキスタイルに出来たら素敵ですね。

2017年9月18日 (月)

ゾゾタウン(ZOZOTOWN)でもランドセル売ってます

さっき気づいたんですが、
最近は、新入学前の子どもさんのためにご両親やおじいちゃんおばあちゃんなどが良いランドセルを探して買い求めようとする活動のことを「ラン活」というらしく、
土屋鞄製作所さんなど、人気サイトではあっという間に高額の型番が予約完売してしまったり、
イトーヨーカ堂さん、イオンさんなどの大手量販店さんなどでは、かなり早い時期からランドセルの展開が始まって、大々的に宣伝されたりしているようですが、
いつも買い慣れたECの売り場で買う、という方は、当然おられると思います。
イマドキのランドセルは、10万円以上のものもあるようなので、こちらの商品はまだ安い方の部類に入るのでは、と思います。
もっと安く買いたい人は、ニトリさんへ、ということになるのでしょうか。

2017年9月10日 (日)

日本に上陸した台湾発のスマホライブ配信アプリ「17LIVE」、面白いです

TECHWAVEさんで紹介されていた、
台湾発のスマホライブ配信アプリ「17LIVE」を
さっそく自分のiPhoneにインストールして視聴してみましたが、
面白いですね!
ユーザー層は非常に若くて、10代〜20代なりたて、くらいの方々が中心みたいです。台湾からの配信を見ていると、現地のピュアヤングの皆さんの"気分"が伝わってくる感じで、自宅で寝転がってスマホを見ながら、国境を超えた双方向型のコミュニケーションが出来る事が楽しく、気分が上がります。
TECHWAVEさんで紹介されている、創業者のJeffery Huang氏のコメントもいいですね(^^)
日本でアカウントを作って配信しておられる方も、中国語を話しておられる方(つまりは、たぶん留学生やルーツが中華圏にあると思しき方)が今のところまだ多いようです。
既にツイキャスとか、LINE LIVEなどのサービスがあるので、日本で「17LIVE」がどこまで支持されるかはわかりませんが、
アジアに出て行くことを考えておられる皆様は要チェックだと思います。

«台湾発のスマホライブ配信アプリ「17LIVE