最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

2018年5月13日 (日)

日傘作家・ひがしちかさんデザインの壁紙、「WhO」より発売

「コシラエル」というブランドで、清澄白河などにショップを持つ人気日傘作家・ひがしちかさんの壁紙を、ネットで見つけました。

ひがしさんならではの、夢幻的で、美しい世界。色数の多いデザインもありますが、何故か、見ていて気持ちが落ち着き、じんわりと元気が沸いて来る気がいたします。

野原ホールディングス(株)さんが展開しておられる壁紙ブランド「WhO」さんからの発売だとのことです。

2018年5月 6日 (日)

ウェブメディア「さんち」

ネットサーフィンをしていて、「さんち〜工芸と探訪〜」というウェブメディアを見つけました。

「いいコンテンツだなぁ」と思ってよくよく見てみると、運営しておられるのは中川政七商店さんでした。流石です。

「産地」というと、ファッション畑出身者の場合は、繊維産地や革のなめし加工の産地のことが真っ先に脳裏に浮かんで来るという方が多いかと思いますが、

カテゴリーをライフスタイル全般に広げると、日本全国にはもっともっと沢山の産地が存在します。

モノづくりの奥深さ、大切に育まれてきたモノの価値や魅力を知ることで、私達の生活はより豊穣になるーーそんな風に思います。

2018年4月22日 (日)

フリマアプリが広げる修理市場

生活者の消費行動を根底から変えるほどインパクトのあるサービスが伸長すれば、

その影響で縮む市場もあれば、

逆に、付随して伸びる市場も出て来ます。

これは、後者の「伸びる市場」の好例。

メルカリさんで売る前に手持ちの中古品を修理して価値を上げたい人、

買ってから修理して見栄えをよくしたい人、

両方いますよね。

2018年4月15日 (日)

セブン&アイとイズミが業務提携

昨年(2017年)2月末日で、岡山市の中心部にあったイトーヨーカ堂岡山店が閉店になった時はちょっとびっくりしたんですが、

効率的な物流・店舗オペレーションを旨とし、ドミナント出店という戦略を貫いてきたセブン&アイさんは、その時点では既に、イズミさんと組んで「中四国、九州からは手を引く」ということを考えておられたのではないかという気がします。

元々、中四国、九州はイズミさんだけでなく、イオングループさんが強いエリアでもありますし。

日本の人口が減少に向かう時代、「消耗戦は行わない」というのは、賢明な考え方と言えるのではないでしょうか。

2018年4月 8日 (日)

ニュース閲覧アプリ「スマートニュース」が「クーポンチャンネル」を開始

ニュース閲覧アプリに関しては、ユーザーのコメントが面白い「ニュースピックス」はずっと愛用しているんですが、

エンタメ系ニュースにあまり興味がないため「スマートニュース」のアプリは自分のスマートフォンからは削除してしまっていたんですが、

全国2万店が対象のクーポンが搭載されている「クーポンチャンネル」が新設されたということで、

これは、結構使えそうなので、再度スマニューをインストールしようかな、という気持ちになりました。

スマホならではの、位置情報、リアルタイム性を生かした企画、顧客属性に応じてセグメント化されたクーポン表示等に期待したいです。

2018年3月25日 (日)

鈴木マサル氏、清家弘幸氏、須藤玲子氏の3人展「スリー・トーンズ」開催k

インテリアの情報サイト「タブルーム」で、

鈴木マサル氏、清家弘幸氏、須藤玲子氏の3名によるインテリア・テキスタイルの展覧会「スリー・トーンズ」が、3月27日(火)〜4月1日(日)まで表参道のスパイラル・ガーデンで開催される、という記事を拝見しました。

清家氏のお名前をメディアで拝見したのは、久しぶりのことです。

かつて、東京コレクションに「SEIKE(セイケ)」というブランド名で参加しておられたこともある実力派ですが、

アパレルだけでなく、インテリアファブリックの分野にも活躍の場を広げておられたのですね。

産地のものづくりに精通したベテランデザイナーの復活が非常にうれしく、心躍る気持ちになりました。こういういいニュースが、どんどん出て来て欲しいですね。

» 続きを読む

«合同展示会は出展者数よりクオリティー