最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

2018年6月18日 (月)

エッツィが手数料を3.5%から5%へ値上げ

米国発のC2Cハンドメイドマーケットプレイス「エッツィ」が、取扱手数料を3.5%から5%へ値上げしました。

更に、これから来年年初にかけて、中上級者向けの2つのプランをリリースするとのことです。

よく売る売り手の方々をより優遇しようという施策ですね。定石だと思いますが、着実に同社の収益アップにつながるという気が致します。

https://www.etsy.com/jp/seller-news/2018-june-update?ref=SELL

2018年6月11日 (月)

横浜F・マリノスが価格変動制「ダイナミックプライシング」によるチケット販売をを導入

今年に入って、あらゆる分野でのAIの活用が一気に加速化・実用化してきたように感じていますが、このニュースもそのひとつかと↓↓↓


ちなみに、全ての座席での適用ではないようです。

天候の影響が大きい屋外でのイベントの収益性を上げるには役に立つ仕組みですが、天候以外にも、需要と供給のバランスが変動する、という条件も大きいですよね。人気の音楽フェスのように、どんな悪天候だろうがお客様を集められるようなイベントならば、わざわざ価格を下げる必要はないですから。

それと、スポーツに関して、BS放送とか、スマホの「ダゾーン」で視聴すれば良い、と思っておられる層も多いと思うので、

そもそも、わざわざサッカー場まで出向いて、生の試合を見ることの魅力を、より多くの方に知って頂かないと、

どんなに価格調整を行おうが、「行ってみよう」とはならないように思います。

子どもを対象にした無料もしくは低価格での観戦体験の実施や、サッカー場でしか買えないグッズの販売、試合前後のアトラクション、サプライズなサービス等々が求められているのではないでしょうか。

これ、買い回り品におけるECと実店舗のケースに、ちょっと似ているような気がいたしますね。

2018年6月 3日 (日)

インスタグラム(Instagram)のアルゴリズム&「ショップナウ(ShopNow)」機能が日本でも開始

TechCrunch Japanさんに掲載されていた、画像共有SNS「インスタグラム(Instagram)」のアルゴリズムに関する翻訳記事。参考になりますね↓↓↓



「インスタグラム」に関しては、インスタ上で買い物が出来る「ショップナウ(ShopNow)」の機能が、6月1日から「ベイクルーズ」「クリーマ」「ミンネ」「ゾゾタウン」のアカウントに付加されている、とのことです。


まだ、テスト運用の段階なのではないかという気がいたしますが、この機能がオープンに使えるようになった場合、規模の小さい個性的なブランドにとっても魅力的なものになると思います。

2018年5月13日 (日)

日傘作家・ひがしちかさんデザインの壁紙、「WhO」より発売

「コシラエル」というブランドで、清澄白河などにショップを持つ人気日傘作家・ひがしちかさんの壁紙を、ネットで見つけました。

ひがしさんならではの、夢幻的で、美しい世界。色数の多いデザインもありますが、何故か、見ていて気持ちが落ち着き、じんわりと元気が沸いて来る気がいたします。

野原ホールディングス(株)さんが展開しておられる壁紙ブランド「WhO」さんからの発売だとのことです。

2018年5月 6日 (日)

ウェブメディア「さんち」

ネットサーフィンをしていて、「さんち〜工芸と探訪〜」というウェブメディアを見つけました。

「いいコンテンツだなぁ」と思ってよくよく見てみると、運営しておられるのは中川政七商店さんでした。流石です。

「産地」というと、ファッション畑出身者の場合は、繊維産地や革のなめし加工の産地のことが真っ先に脳裏に浮かんで来るという方が多いかと思いますが、

カテゴリーをライフスタイル全般に広げると、日本全国にはもっともっと沢山の産地が存在します。

モノづくりの奥深さ、大切に育まれてきたモノの価値や魅力を知ることで、私達の生活はより豊穣になるーーそんな風に思います。

2018年4月22日 (日)

フリマアプリが広げる修理市場

生活者の消費行動を根底から変えるほどインパクトのあるサービスが伸長すれば、

その影響で縮む市場もあれば、

逆に、付随して伸びる市場も出て来ます。

これは、後者の「伸びる市場」の好例。

メルカリさんで売る前に手持ちの中古品を修理して価値を上げたい人、

買ってから修理して見栄えをよくしたい人、

両方いますよね。

«セブン&アイとイズミが業務提携