最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 雨の火曜日夜 | トップページ | VMDでショップがみるみる蘇る »

2006年6月 8日 (木)

砂浜美術館(高知県幡多郡)・村上事務局長のお話を聞く

わが地元・墨田の久米繊維工業(株)さんがリニューアルされたばかりのショールームで、はるばる高知県は幡多郡からお越し下さった砂浜美術館事務局長・村上健太郎さんのお話を伺った。

前から久米繊維さんの久米信行社長のメールマガジンなどで、この美術館の素晴らしさは仄聞していたのだが・・・。

お写真やDVDを見ると、ほんとに感激します。

屋根のない美術館。青い青い空と、青い青い海。写真を眺めているだけで、呼吸が深くなってくるような、そんな感じ。

雨の日も、風の日も、それはそれでまた、風情のある景色。

毎年GWには、Tシャツアート展が開かれており、今年は期間中約12,000名が当地を訪れたとか。

こんな素敵なイベントを、既に18年間も続けておられる。事務局の方やボランティアの皆さん、このイベントを陰ながら応援しておられる皆さんの「持続する力」は、自然の美しさ、尊さを、少しずつ、けれど着実に、メッセージとして全国に広げておられるように思います。

ちなみに、館長は、クジラさんなんだそうです。いつも沖に出ておられる館長、いいっすね(^^)

« 雨の火曜日夜 | トップページ | VMDでショップがみるみる蘇る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/2121925

この記事へのトラックバック一覧です: 砂浜美術館(高知県幡多郡)・村上事務局長のお話を聞く:

« 雨の火曜日夜 | トップページ | VMDでショップがみるみる蘇る »