最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 来場者は減少傾向ーピッティ・フィラーティ07~08秋冬展(H18.7.18繊研新聞) | トップページ | 「Solo Pantaloni(パンツ一筋)」ーファクトリーブランドの鑑、INCOTEX(インコテックス)ー »

2006年7月19日 (水)

8月2日(夜)に『下流社会』の三浦展さんのセミナーを開催します

以前、旧ブログの「両国さくらのファッション・イン・ファッション(Fashion in Fashion)」に、繊研新聞さんに載っていた三浦展さんの『下流社会』に関する記事について書いたことがあるんだけど・・・。

その後、非常にお忙しい三浦さんにご無理をお願いして、うちの会社主催のセミナーでご講演頂くことになりました。

8月2日(水)、午後6時半から、東京・両国の国際ファッションセンタービルで開催致します。

三浦さんの本への書評が、ちょうど先週の金曜日、7月14日付けの日経MJに紹介されていたけれど、皆さんご覧になられましたか?そのコラムがズバリ指摘していた通り、80年代にパルコさんの『アクロス』の編集をなさっておられた頃から現在に至るまで、消費社会論の第一線の論客であり続けておられる方、というのは、三浦さんをおいて他にはおられないのではないか。ほとんどの方が、バブル崩壊、社会主義体制の凋落と共に泡と消えてしまったのだ。

このセミナーを企画するに当たって、『下流社会』以外に三浦さんの最近作を5冊程読み、その視点の鋭さと、深い見識に敬服した。

三浦さんはファッションの現場に近いところにおられた方なので、今流行っているメンズやレディスのヤングブランドにも非常に詳しい。理屈先行ではなく、実感として、今のヤングがどのようなライフスタイルをおくっていて、どんな商品を買っているかをよく掴んでおられる。

その一方で、一歩引いた後衛の位置から学問としての社会学に近い手法でも消費や若者を語れるところが素晴らしいのだ。問題意識が鋭く、問題の立て方が明快であるだけでなく、フィールドワークやアンケート、インタビューによる調査で仮説を検証しておられるので、説得力が強い。

『下流社会』が出版される前に出ていた『かまやつ女の時代』を読むと、後者の本が、現場に近い立ち位置におられる三浦さんの立てた仮説で、それを読売広告社さんとの共同調査で実証されたのが前者の本なのだ、ということがおわかり頂けると思う。

今回のうちの会社のセミナーでは、この読広さんとの調査の内容を更に詳細に記した新刊『上流な私?下流な私? いまどきの女性のココロと生活』(PHP出版、定価1,365円)をテキストに、より具体的で詳細なお話をして頂く予定だ。

更に、メンズ関連の受講者が多いKFCのために、特別にメンズのお話も付け加えて頂くことになっている。こちらの方も、今、市場が拡大基調にある分野だけに、すごく楽しみですね♪

しかし、三浦さんは本当に超一流のマーケッターですね。本を書かれる時に常に非常にストロングなキーワードを前面に出しておられる。『下流社会』も、ネーミングの時点で既に勝利が確定しているって感じじゃないですか。

そんなことを考えながらamazon.co.jpで三浦さんの本に関するレビューを眺めていて非常に面白いことに気付いたんですよ。

経済本で有名企業さんを取材した御用ジャーナリストによるチョーチン本系とか、昨今では自己啓発系とか楽して儲かるが謳い文句のハウツー本には数多く寄せられている「期待して読んだけどつまらなかった」というコメントはほとんどないのだ。三浦さんの本へのコメントは、激賞しておられるか、もしくは、読者が非常に腹を立てて「自分は違う意見だ」と書いておられるか、どっちかなんですよね。

論旨が明快だから、なんですよ。

お打ち合わせの際に、三浦さんご自身も、「僕のセミナーは面白いよ」とおっしゃっておられました。私自身も一度三浦さんのセミナーは聴講したことがあるが、自分なりに最近のヤングについておぼろげに感じていたことが、「ああ、そうか、そうか」と整理されてくるような感じで、非常に聞き応えがございました。

今、突貫工事でホームページを作成中なんですが、まだ完成していないので、セミナーにご興味のある方はこちらの「セミナーBiz」のKFCマーケティングセミナーのページをご覧下さい。

ファッション業界の方でなくても、ヤング向けの消費財やサービスを展開しておられる企業の方、マーケティングにご関心のある方ならば、参考にして頂けるセミナーだと思います。受講料はテキスト代、消費税込みで5,000円です(はっきり言って、こんなお値段はありえません!!)。

ご参加されたい方は、「セミナーBiz」のページから申し込んで頂くか、うちの会社にお電話下さるか、もしくはこのブログの右側のサイドバーに書いてある私のメールアドレスまでお問合せ、お申込み下さい。折り返し受講票をお送りさせて頂きます。

三浦さんの生のお話を聞きたい方は是非!さくらも会場におりますので、皆様、両国でお会いしましょう。

上流な私? 下流な私? いまどきの女性のココロと生活 Book 上流な私? 下流な私? いまどきの女性のココロと生活

著者:三浦 展,読売広告社
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「自由な時代」の「不安な自分」―消費社会の脱神話化 Book 「自由な時代」の「不安な自分」―消費社会の脱神話化

著者:三浦 展
販売元:晶文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アパログにもブログ連載中↓↓↓

メーカー直販サイトが信頼されるには?」

« 来場者は減少傾向ーピッティ・フィラーティ07~08秋冬展(H18.7.18繊研新聞) | トップページ | 「Solo Pantaloni(パンツ一筋)」ーファクトリーブランドの鑑、INCOTEX(インコテックス)ー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/2725787

この記事へのトラックバック一覧です: 8月2日(夜)に『下流社会』の三浦展さんのセミナーを開催します:

« 来場者は減少傾向ーピッティ・フィラーティ07~08秋冬展(H18.7.18繊研新聞) | トップページ | 「Solo Pantaloni(パンツ一筋)」ーファクトリーブランドの鑑、INCOTEX(インコテックス)ー »