最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 8月2日(夜)に『下流社会』の三浦展さんのセミナーを開催します | トップページ | IFFレポートは明日以降に »

2006年7月20日 (木)

「Solo Pantaloni(パンツ一筋)」ーファクトリーブランドの鑑、INCOTEX(インコテックス)ー

今日、『FIGARO JAPON』8月5日号を読みながら帰宅していたら、裏表紙の裏、ユナイテッド・アローズの栗野宏文氏の連載コラム「モードとアートの交差点」の隣のページに、イタリアのパンツメーカー・INCOTEX(インコテックス)の広告が出ていた。

これまで、同社の広告を見た記憶はないような気がする(他の雑誌も含めてもしご存知の方がいらっしゃったら教えて頂きたいです)。上半身裸、だと思われる女性のウエストから下、太腿の上辺りまでをクローズアップした写真だ。

うっすらとセンタープレスがかかったグレーのペンシルストライプのフラノ地のパンツのベルトループに、まるで指輪をはめているかのように薬指を通した女性の手の下に、小さく白地で「forever.」の文字が。心憎いまでの演出である。

そして、右下のブランドロゴ「INCOTEX」の下に、かの有名な同社の社是「solo pantaloni」が記されていた。

「solo pantaloni」とは、イタリア語で、「パンツ一筋」の意。パンツ専業メーカーらしい、そのものズバリの決め台詞だ。

「INCOTEX(インコテックス)」さんというと、セレクトショップや百貨店などにかなり入っているので、特に男性の方にはお馴染みのブランドだと思う。業界の方はご存知でしょうが、実は、レディスもあります。

さくら、このブランドを購入したことは恥ずかしながらまだないのだが、勉強のために試着はよくさせてもらっております(買わずにゴメンナサイ・・・貧乏なので、ご勘弁を)。このブランド、大きいサイズが豊富で、丈が長いので、私のような大柄で太目の人、ヒップや太腿が大きい方にはピッタリだと思います。ヒップから太腿の辺りはきれいにフィットしていて、膝から下は自然に広がっていて非常に足が長くスラリと見える。

今回、珍しく広告が掲載されているのは、どうやら日本のエージェントさんが代わったからなのか?SLOWEARさんという社名も広告の左下に記されていたが・・・。社名が昔と変わられただけなのだろうか?業界紙で報道を見た記憶はないように思うのだが、ちょっと心に留めておこうと思います。

話は戻るが、「INCOTEX(インコテックス)」さんのように、単品に特化し、○○一筋、という生き様を貫きそのアイテムについて徹底的に深堀りしていくのが、ファクトリー(工場)ブランドにとっては最も勝率の高いビジネスモデルだと私は思う。特に、パターンについては極めつくして、「これがウチの自信作」というラインを打ち出し、そこに素材変化やシーズントレンドを少しずつ載せる。「定番の微変化」「進化する定番」をウリにするのだ。

但し、日本のファクトリーブランドさんの場合、今、メンズもレディスもヤングの体型がかなり変わって相当に細くなっているから、今後彼ら・彼女らが年をとってもサイズがどの程度変化するかを慎重に見極める必要がある。例えば、現在は、50代向けのミセスのストレッチパンツが売れているが、10年後はどうか、というのは、まだ予断を許さないと思うからだ。

ジャストフィット、というよりは、きゅっと小さめなくらいのサイズバランスが求められる時代、マスターパターンも、常に見直していく必要があるでしょうね。

その反面、悲しいかなそういうダイエット志向の時代についていけず、イレギュラーなサイズになってしまっている私のような人間が買える商品、というものへのニーズもある。ヤングの標準サイズが7号→6号と小さくなればなるほど、その逆張りとしてのあぶれたサイズのお客様向けの商品をかっこよく作ってくれるところにもお客様は集まるはずだ。

そのどちらの戦略を取るにせよ、パターン、パターン、なんですよね。それこそがファクトリー(工場)の腕の見せ所、皆様、海外の工場さんに負けないように頑張りましょう!

話は戻るが、「INCOTEX(インコテックス)」さんのパンツって、最近はネット通販でも複数のショップで扱われているのだが・・・。

その中に、ヨーロッパ最大のネット通販サイト、YOOXの日本版サイトさんも入っている。

実は、前からちょっと感じていたのだが、YOOXさんの価格って、バーゲンになる前の状態でもちょっと安いのでは、と思える商品があるんですよね。この「INCOTEX(インコテックス)」さんもそうなんじゃないかと思うんだけど。

ひょっとしたら、日本のエージェントさんを通していないからではないだろうか?

ただ、YOOXさんは、どのブランドに関しても商品セレクションが日本人好みではないものがかなり含まれている。派手すぎて売れにくいだろうなぁ、と思うような色柄が多いし、サイズも大きめだ。

逆に、だからこそ、パキッとした色の服を着て体を引き締めて見せたい13号とか、15号くらいの方には、日本の通販サイトよりお勧めかもしれないような気がします。

アパログでもブログ連載中↓↓↓

ワイヤレス・ジャパン2006でのNTTドコモ・夏野氏の講演

« 8月2日(夜)に『下流社会』の三浦展さんのセミナーを開催します | トップページ | IFFレポートは明日以降に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/2739107

この記事へのトラックバック一覧です: 「Solo Pantaloni(パンツ一筋)」ーファクトリーブランドの鑑、INCOTEX(インコテックス)ー:

» ダイエット ブログ [mixiダイエットリンク集]
おすすめダイエットブログやmixiで公開されているダイエット情報を集めたリンク集です。 [続きを読む]

« 8月2日(夜)に『下流社会』の三浦展さんのセミナーを開催します | トップページ | IFFレポートは明日以降に »