最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« アパログにEC研究会さんのWeb2.0に関する新著について書きました | トップページ | 中国合弁が本格生産ーリネアピウ・グループ、伊のデザイン・技術力保証ー(H18.11.7繊研新聞) »

2006年11月 6日 (月)

「H&M」のオンラインショップ・イン・オランダ

WWDジャパンさん情報(平成18年10月9日)ですが・・・。

「H&M」初のオンラインショップ(ネットショップ)が、今年8月、オランダにオープンしたそうだ。そのサイトは、コチラ

リアルのショップをご覧になったことのある方は「H&M」の品揃えの凄さは十分ご存知だと思うが、同店の商品ははっきりとした色のものが多いので、ネット上でもその魅力は十二分に伝わってきますね。そして、とにかく安い!

WWDジャパンさんによると、「来年の秋、売り上げが伸び悩んでいるドイツとオーストリアにオンラインショップを導入」(同紙より引用)とあるが、これは正しい戦略だと思う。

今は、消費者が何でもまずネットで検索して調べようとする時代。ネット上にストアブランドと商品の正しい情報の露出を増やす、というのは、単にネット店の売り上げ云々に留まらないPR効果をもたらし、リアルの売り上げも底上げできるはずだ。

ネットビジネスをやっておられる方は重々ご存知だと思うが、今や、AIDMAではなく、AISASというのが、若い消費者の消費行動の標準的なプロセスになっている。この、S=サーチ(ネット上での調査)と、更に購入後のS=シェア(ネット上での感想の共有)の部分にきちっと対応することが、特に消費財を販売する企業にとっては重要な課題なのである。

しかし、「H&M」さん、日本でリアル店舗を出店される前に、ネットショップだけでも出店されたらどうだろうか。リアルは確かにリスキーな部分もあるのだけれど、ネットやモバイルはローコストだし確実にイケルと思いますね、私は。

アパログにもブログ連載中↓↓↓

検索エンジン対策ー間違えやすいカタカナ表記は両方を記そうー

« アパログにEC研究会さんのWeb2.0に関する新著について書きました | トップページ | 中国合弁が本格生産ーリネアピウ・グループ、伊のデザイン・技術力保証ー(H18.11.7繊研新聞) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/4089961

この記事へのトラックバック一覧です: 「H&M」のオンラインショップ・イン・オランダ:

« アパログにEC研究会さんのWeb2.0に関する新著について書きました | トップページ | 中国合弁が本格生産ーリネアピウ・グループ、伊のデザイン・技術力保証ー(H18.11.7繊研新聞) »