最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« JCレポートその3:(株)エスシーネットワーク・島田浩司氏のセミナー | トップページ | 強みはあれど、客層に合った商品開発とVMDに難ありか?ー歳末商戦中のイトーヨーカ堂大森店を見てー »

2006年12月17日 (日)

商店街の小さな下着屋はお客を知っている

皆さーん、2日も黙ってお休みしてしまってごめんなさい。2日共パソコンは開いていたんですが、書く前にウトウトと眠ってしまっておりました・・・。

いけませんね、最近このパターンが多い。寄る年波のせいか、アルコールにとみに弱くなってしまっている。

これからは今日は危ないな、と思ったらケータイから早めにアップするように致します。12月はこの作戦で乗り切って行きますので、これに懲りずまたこちらのブログをご訪問下さいませ。

さて、本日の本題。

私の自宅の近所の商店街の中に、非常に繁盛している下着屋さんがある。

下着というと、さくらくらいの世代の人は大概ワコールさんやトリンプインターナショナルさんのキャンペーン商品を思い出すのか、あるいは千趣会さんやニッセンさん、セシールさんなどの通販専業企業さんで買ったりしているのだろうし、もう少し下の世代になると、ピーチジョンさん(今年、ワコールさんの傘下に入りましたね、同社は)とか、あるいは、今のヤングならばマルキュー系の「エゴイスト」や「ラビジョール」みたいなブランドに魅力を感じるのだろうが・・・。

こちらのお店に置かれている商品は、そういったタイプのファンデーションやランジェリーではない。グンゼさんとか、あるいはもっと小さなメーカーの、いわゆる「肌着」が中心である。

というのは、このお店のある場所は、入院患者を沢山抱えている大病院のすぐ近所にあって、そこに入院している患者さんのために機能性の高い肌着を求めている家族や、主として60代以上のおばあさん達が主要な顧客になっているからである。

このお店はバックストックの広さを別とすれば売場面積は3、4坪程の小さなお店で、棚も古く、空いたダンボール箱を利用して特価品を販売しているなど、こじゃれたVMDとは程遠い雑然とした雰囲気である。

だが、顧客は切れ目なく訪れ、買い上げ率も高く(しかも複数点数の購入)、従って商品回転率が高く売り場には賑わい感と鮮度がある。

このお店は通常は50代と思しき男性が1人で切り盛りしているようなのだが、やはり、商売のツボというものを非常によく心得ておられるようなのだ。

まず、価格。このお店の商品は、非常に安い。ショーツが280円から、ブラジャーでも3ケタの上代のものからある。そして、上限もワコールさんトリンプさんのレギュラー品に対抗するようなものは置かず、バジェットからボリュームのところまでで止めている、ということ。

次に、その日の天候、気温にあったものを前面に出して売っている、ということ。

例えば、今日は、ババシャツでも裏毛やモダール混のものなどの展開フェースは少なめであった。実際、そんなには寒くなかったですからね。来店客の皆さんも、「グンゼの綿の長袖」などと指名買いしておられたが、そういう要望は先取りして既に店頭に出してある。

一見、汚い店頭に見えるが、ちゃんとその辺りを心得て商品の並べ替え、入れ替えをしておられるのである。

このお店の場合、気温が急に下がると客数がバーンと跳ね上がるようだ。昨年はさくらも何度もそういう日にこちらに駆け込んだのだが、近所中の人が同様のことを考えているようで、バーゲンセールのような混雑振りだった。

逆に、夏場にちょっと弱いのかな、という印象を受けるが、こちらのお店の場合、夏になるとセクシー系の豹柄なんかのブラとショーツや、スポーツタイプのブラとボクサーショーツのセットのフェイスを増やしているように見受けられる。

前述した60代以上向けの商品を、さくらくらいの年齢のおばさん達も安さに引かれて買っていくのだが、その一方で、こちらのお店は1割5分くらいはヤンママや中高生向けのものも置いているのだ。

その両者が、自然な感じで共存できる雰囲気が、このお店にはあるのだ。ご近所のお客様の中で、自店に引っ張れる層はどういう人達なのか、そしてその量的なバランスをよく知っているな、という気がする。

こういう、大手のチェーン店さんの定石では考えにくいMDが組めるのは、個店さんならではの商売の醍醐味だろう。本当に普通のおじさんっぽく見える店主さんの力量だと思います。業界紙なんかに取り上げられていない小さな成功例というのは、例えばワークショップ(ワーキングウェアを売る店)さんが少しだけメンズカジュアルを置くなど、他にもいくらでもある。

話は少し変わるが、このお店の主力客層である60代以上のおばあさん達を見ていると、いろいろ面白いことがあって・・・。

まず、すぐに店主に、「○○はない?」と話しかける人が非常に多いこと。

私はまずは自分で店内の全ての商品をざっと見ないと気がすまない方だし、若いお客様になればなるほど、一般的にはセルフサービスを好むものだが、年を取ってくると小さな文字を読んだりあれこれ探すのが面倒になってくるのだろうか、それとも世代の差なのだろうか?

この辺の問題点を、しまむらさんはどのように解決していらっしゃるんでしょうかね。さくら、岡山に居た時は頻繁にしまむらさんを見に行っていたんですが、岡山市の郊外辺りのお店では意外とおばあさんの1人客を見ることはなかったように記憶しているんですが・・・。主婦のパートさん達が、親切に対応なさっておられればいいのだが、と思います。

次に、このお店、実はメンズを4割くらい揃えているんですが、男性の1人客というのは皆無。

ということは、百貨店さんのメンズ売り場と一緒で、おじいさんの下着は全部おばあさんが買っている、ということなんですよね。

この感覚、自分の着る物に拘りのある業界人の皆様から言うと信じられないように感じられるかもしれないが、世間一般的にはそうである。さくらと同年代の男性諸君もたぶんまだまだで、やっと団塊ジュニアくらいから、下着に拘りのある男性は増えているような気がするのだが?

蛇足ですが、私はかなり大柄なので、メンズのU首半袖シャツを自分用のトップスに物色することが時々ある。昔、グンゼさんがライセンスで生産していた「ヘルムート・ラング」のカーキ色の肌着を夏物のTシャツとして愛用していた。こちらは結構メンズとしては細身で、肌触りがよくお気に入りだった。

この秋ミラノのリナシェンテ百貨店に行った折、「D&Gオム」の豹柄のU首半袖シャツを買おうかな、としげしげと眺めていたら、販売員の方が「For your partner?(貴方の彼のですか?)」とアプローチをかけてきた。

さくらがあまり真剣に見ていたから、なんでしょうね。「For me!」と回答するのも恥ずかしいので、「Just looking.(見ているだけです)」と言って笑いでごまかしました(^^;;;

« JCレポートその3:(株)エスシーネットワーク・島田浩司氏のセミナー | トップページ | 強みはあれど、客層に合った商品開発とVMDに難ありか?ー歳末商戦中のイトーヨーカ堂大森店を見てー »

コメント

頭じゃなくって、体で出てきた、マーケティングというか、商売ってたくましいなって思います。

チャンスは本とか、成功者の成功例だけじゃなくって、僕の、そこに見えているものの中にあるんですよね。
きっと。

見習わなければ。

およよさん、いつも有難うございます。

Me,tooです。

売れているお店を見つけるのは上手い方かもしれませんが、自分ではなかなか出来ないと思ってますので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/4573540

この記事へのトラックバック一覧です: 商店街の小さな下着屋はお客を知っている:

» 願いが叶う話題のハートの辞書 (待ち受けDL可能) [願いが叶う話題のハートの辞書 (待ち受けDL可能)]
願いが叶う話題のハートの辞書 (待ち受けDL可能) 今話題になっているハートの辞書!!今ではニセモノさわぎまででています。が…ここはホンモノのみです!! [続きを読む]

» ピーチ ジョンの下着でモデル気分! [ピーチ ジョンの下着でモデル気分になろう!Pj最高!]
若い女性に人気のピーチジョンの下着。その人気の秘密や着け心地の良さなどを徹底解析! [続きを読む]

» ピーチジョンのことはここから始めよう [ピーチジョン]
ピーチジョンに彼女がはまってます。その魅力とは? [続きを読む]

» ファッションセンターしまむらのすべて [ファッションセンターしまむらのすべて]
皆さんは、ファッションセンターしまむらって知っていますか? 北は北海道から、南は九州、沖縄まで展開している、激安洋品店です。 なんと、全部で1000店舗以上あるんですよ。 スゴイですよねぇ。 と、ここまでは知っている人も多いんじゃないかな? でも、これだけじゃないんです。... [続きを読む]

» パワーストーンリスト [パワーストーン]
パワーストーン・・・パワーストーン名称別リスト~カ行の巻・・・♪ 名称 暗示 こんなときに ガーデン水晶 (庭園水晶) 興隆 再生 克服 進歩 成長 育成 ...... [続きを読む]

« JCレポートその3:(株)エスシーネットワーク・島田浩司氏のセミナー | トップページ | 強みはあれど、客層に合った商品開発とVMDに難ありか?ー歳末商戦中のイトーヨーカ堂大森店を見てー »