最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 「ニナ・リッチ」のプレフォール・コレクション | トップページ | 福岡の農業ブログ »

2007年1月31日 (水)

コメント欄とトラックバック欄を復活させました

皆さ~ん、予定より1日早いですが、今日からまた、コメント欄とトラックバック欄を復活させました。

またまたスパムの削除が大変になるでしょうが・・・それでもやっぱり、皆さんとおしゃべりできないとこのブログをやっている意味は全くなくなってしまいますので、良かったら是非お気軽にいろいろ書き込んだりトラバなさって下さいませ(^^)

暫く、ブログはサボリ気味だったんですが、昨今のニュースやリアル、ネット、モバイルの店頭を見ながらいろいろと考えておりました。

天候もまたまた暖冬で、1月なのにこの暖かさというのには、いいようのない不安感を覚えますね。なんせ、さくらが子供の頃は、岡山の県南だって今時分は分厚い氷が張っているくらいだったんですから。

ちょっと古い話になるが、今年のお正月、私に年賀状や年賀メールを下さった方々の中に、何人も、地球環境の問題に触れておられる方がいらっしゃった。

もちろん、中には、本業の方でも大変お世話になっているファイバーリサイクル研究会のKさんのように、ずっと前からリサイクルやエコロジーについて説き続けておられる素晴らしい方もいらっしゃるのだが、「最近そう思うようになった」という記述も結構ありました。

ポイントの石井社長の繊研新聞さんでのインタビューの中にも同様の話が出てきていて、ファッション系ブロガーの方の中にも石井社長のことを早速取り上げておられる方もおられましたね。

それから、ネット通販の業界のカリスマコンサルタントの中の中にも、お正月にメルマガでやはり環境問題について触れておられる方がおられました。その方はDeNAさんのイベント「dengen2006」が「ごみ」をテーマにしていたことにも言及しておられたんですけれど。

じゃあ、何をどう、ということが、私の中には明確にビジョンがある訳ではないのですが、とんがったマーケッターの皆さん、経営者の皆さんの意識はそこにいま集中して来ているなあ、というのが、今、一番に気になっていること。

もう1つは、お客様とのつながり、これをもう一度、しっかりと見つめなおしたいと思っています。

うちは何屋さんなのか、何で皆さんとつながっているのか、ちゃんと満足や感動を共有できているのか、そこのところをきちんと検証したい。

うちの場合は、数の追求よりも、本当にうちのファンの皆さんとの濃いつながりの方が大事なんや、と今は思っています。今、4月以降の新規事業の仕込みを大車輪のごとく行っているんですが、今年は、リアルのつながりを大切に、「実行」(自分も実行する、皆様にも行動に移して頂く!)の年にしたいですね。

ちょっと抽象的で、すみませんが、2月中頃くらいから、いろいろ強力な新規事業を発表できると思います。・・・皆さん、今年は是非、頻繁に両国にお越し下さい!

« 「ニナ・リッチ」のプレフォール・コレクション | トップページ | 福岡の農業ブログ »

コメント

両国さくらさん 
お久しぶりです。
インパナトーレ窪添です。
最新の情報の精力的なBlog投稿に、何時も感心します。
神戸の老ブロガーは、スローペースですが、何とか継続しています。
歳のせいか、段々アナログな話題になってしまいますが、読む人にとっては新鮮なようで、救われています。
私の住まいの近所に、ハンドメードのバック屋があります。
お店と仕事場が一緒になった面白いお店です。
その店の職人で、店主のオヤジがブログを書いています。
超アナログ好みですが、彼の造るバックも彼自身も好きです。
彼の造ったバックを愛用しています。
オヤジは関東の出身のようですが、今ではスッカリ神戸好き人間になっています。
面白いブログなので、時間のある時に、ご覧になったら良いと思います。

ブログ名:ル・ボナーの一日http://www.kabanya.net/weblog/

窪添さん、大変にご無沙汰致しております。
密かにブログはいつも読ませて頂いております。益々ご健勝の由、何よりですね!
また神戸にも立ち寄らせて頂こうと思っておりますので、その節は宜しくお願い申し上げます。

ル・ボナー様のブログ、拝見致しました。
ミラノの街角にあってもおかしくないような、極めてハイレベルなお店だと拝察致しました。
しかも、筆の立つ方で、益々素晴らしいですね。

万年筆と時計へのご興味が、また新しい商品開発に繋がっていかれるのではないかと、楽しみですね。

一度是非、ふらりとお店をご訪問させて頂こうと思います。

この店主さまもエルメスに敬意を表しておられるようですね。うちの地元の方々も、プロの皆様は大概エルメスの技術を素晴らしいと湛えておられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/5158460

この記事へのトラックバック一覧です: コメント欄とトラックバック欄を復活させました:

» アクセサリー市場 [アクセサリー市場]
シルバー・ステンレスアクセサリー、インディアン雑貨を激安にて販売中! [続きを読む]

« 「ニナ・リッチ」のプレフォール・コレクション | トップページ | 福岡の農業ブログ »