最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« アパログに2007年ファッション系ネット通販に関する予想について書きました | トップページ | アパログに2007年ケータイ(モバイル)通販市場予測についての前半部分を書きました »

2007年1月 5日 (金)

松坂屋銀座店「石川貴啓 蘇った紫草色の世界展」

お正月明けの初出勤だった今日の昼下がり、日頃から公私共に大変お世話になっているアトリエ・サボのわたなべけいこさんから頂いたご案内を見ながら、松坂屋銀座店へ。

わたなべさんは、イラストレーターさんでありながら、時にはデザイナー、時には新進クリエーターへのパターン技術の指導者、時にはカメラマン、また時には産地企業のオーガナイザーなどと八面六臂の大活躍をなさっておられる方だ。墨田の企業さんも前々から非常にお世話になっているのである。本当に有難うございますm(__)m

なんて書くと、業界の重鎮、といった雰囲気を想像される向きもあるかもしれないが、そんなことは全然ないです。とてもチャーミングな、魅力的な方である。

そのわたなべさんが、古代から日本に伝わる紫草の栽培と色の復元、普及にまい進しておられる石川貴啓氏と出会い、「紫草ディレクター」として企画・運営なさったのが、お正月明けの1月2日(火)から始まった「石川貴啓 蘇った紫草色の世界展」である。

実際に会場の松坂屋さんの7F特設会場に行ってみて、その色の美しさ、鮮やかさに感動致しました。化学染料では、あんな色目は絶対に出ないと思うんですよね。

非常に明度、彩度の高いものから、青紫、少し赤みかかった紫、すみれ色のようなやさしい色目の紫などなど、どれもこれも、自然ならではの色の輝きに満ちている。

皆様周知のことと思うが、昔から日本では紫は高貴な色として尊ばれてきているのだ。その理由が、様々な紫を目の当たりにして、少しわかったような気がした。

ちょうど隣で「石山寺と紫式部展」が開催されていて、非常に沢山のお客様で賑わっていたのだけれど、「紫」というと他にも、万葉集の額田王の歌「あかねさす紫野行き標野行き野守りは見ずや君が袖振る」の光景が脳裏に浮かぶ。

紫式部の「源氏物語」の中でも、光源氏の最愛の妻の名前が「紫の上」と命名されており、ヒロイン達のイメージが紫という色に重なってひときわ光彩を放ってくるように思えますよね。

今回の展示では、染色や手描き、組結、陶芸、古代文字など12名の作家の方々が、紫草色をテーマに作品を出品しておられる。今日も、かなり多くの作家の方々が実際に売り場にいらっしゃった。実演なんかもございますので、楽しめます。

そして、何といっても、壁面に並べられていた、わたなべさんやお仲間の手による、紫草色のみのお洋服達、こちらがものすごく見ごたえがございます。全部で20体くらいはあっただろうか、ズラリと並んでマネキンに着せられたお洋服の全てが紫・紫・紫・・・のオンパレード。でも、いわゆるダブダブの和調の服、という感じではなくて、締めるべきところはキュッと絞ってあったのが良かった。

ちょうど、1910年代、20年代のポール・ポワレみたいな感じかな。和の世界なのに、何故か大昔の『VOGUE』のイラストレーションを思い出してしまいました。月夜が似合う、大人の女性のための服。

アクセサリーやヘッドドレスも綺麗にコーディネートされて、素敵でした。

お一人でも多くの方に、奥深い紫の魅力の一端に触れて頂きたいと思います。会期は8日(最終日は午後5時閉場)までです。

« アパログに2007年ファッション系ネット通販に関する予想について書きました | トップページ | アパログに2007年ケータイ(モバイル)通販市場予測についての前半部分を書きました »

コメント

組結とか浮かぶ


紫式部たちが、日本で光景とか思うんですよね
綺麗や、美し様々など蘇った
光彩とかを閉場するはずだったの。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/4798580

この記事へのトラックバック一覧です: 松坂屋銀座店「石川貴啓 蘇った紫草色の世界展」:

» チェックドレス 22900円 [厳選500社の最新情報]
チェックドレス 7鐔�9鐔�11鐔�13号 22,900円(税込) 15号 24,900円(税込) 赤をポイントに使ったグレンチェック生地をバイヤスにアレンジ。フロントのタックプリーツや、ハイウエスト切替えなど感度の高いデザインがお洒落心を刺激する一着。 ● BUCK-TICK/ [続きを読む]

» ALBERTA FERRETTI - レディース - ワンピース・ドレス - ロングワンピース/ロングドレス on YOOX.COM [厳選500社の最新情報]
ALBERTA FERRETTI - レディース - ワンピース・ドレス - ロングワンピース/ロングドレス on YOOX.COM ロングワンピース/ロングドレス 値引き-27500円 109500 円 スナップで留めるスタイル - スリップ付き - 編み上げディテール - 【�... [続きを読む]

« アパログに2007年ファッション系ネット通販に関する予想について書きました | トップページ | アパログに2007年ケータイ(モバイル)通販市場予測についての前半部分を書きました »