最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« デザビレ鈴木村長もRoomsについて書いて下さいました | トップページ | 大丸と松坂屋の統合交渉、持ち株会社軸に・年内にも実現 »

2007年2月16日 (金)

H&M来年日本進出ー「既存チェーン買収視野に」ー(H19.2.16日経MJ)

(今日は2つエントリをアップ致しましたので、1つ下のものから先にお読み下さい)。

昨日は繊研新聞さんにH&Mの上海進出に関する記事が掲載されていたのだが、今日はまたまた日経MJさんに、同社のロルフ・エリクセン社長への同紙の単独インタビューの記事である。

とはいえ、目新しい内容はあまりなかったのだが、この記事は社長の顔写真を掲載しておられることだけでも十二分に価値があるだろう。さくら、今朝生まれて初めてこの社長のお顔とお名前を媒体で見たような気がするので。

日本進出に際して、「条件と環境さえ合えば、既存チェーンの買収も視野に入れる」(日経MJより引用)というのは、外資にとっては当たり前の戦略。まあ、日本でも異業種の大手企業も然り、ユニクロさんを筆頭にわが業界の大手企業も最近は当たり前のようにこの手を使ってるんですけどね。

先進国への進出は、この手に勝るものはないのだ。労せずして物件と人材を手中に収めることが出来る。

前にも書いたが、これから日本の景気が谷に向かっていけば、M&Aを行うにも絶好のタイミングになるだろうしね。

ということですので、皆様、買収されないように気をつけましょう。というか、その逆で、もう経営からは手を引きたいので、渡りに舟、の企業さんもあるかもしれませんが。

何かとIRを気にしている筈の大手企業がM&Aへの希望をバンバン口にするのは、そういう記事を読んでアチコチから売り手の情報を呼び込みたいから、というのがあるんですよね。

アパログにもブログ連載中↓↓↓

アフィリエイト特化したSNS リンクシェア(H19.2.16日経MJ)」

« デザビレ鈴木村長もRoomsについて書いて下さいました | トップページ | 大丸と松坂屋の統合交渉、持ち株会社軸に・年内にも実現 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/5369444

この記事へのトラックバック一覧です: H&M来年日本進出ー「既存チェーン買収視野に」ー(H19.2.16日経MJ):

» 話題のHAREファッション [はなまるライフスタイルで今日もはなまるプチハッピー!]
今話題の [続きを読む]

« デザビレ鈴木村長もRoomsについて書いて下さいました | トップページ | 大丸と松坂屋の統合交渉、持ち株会社軸に・年内にも実現 »