最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« H&Mの新業態・COS | トップページ | パソコンのメモリ増設 »

2007年4月 8日 (日)

クリスチャン・ディオール設立60周年記念展「Two Decades of Creation」が開催 - 東京(H19.4.7MODE PRESS他)

本当はポッドキャストをお届けしなければならない日なんですが、喉の調子がすぐれないのでお休みさせて頂きます。

ということで、1つ下の「H&M」の新業態「COS」の話題と合わせて、小ネタで勘弁してチョ。

MODE PRESS」さんなど、幾つかのサイトに掲載されていたのだが、クリスチャン・ディオールのメゾン設立60周年記念の展覧会「Two Decade of Creation~モードを変えた2人の奇才~」が開かれるそうだ。

この展覧会、会場が美術館ではなく、クリスチャン・ディオール銀座店の5階なのであまりリッチではない一般の人は立ち寄りにくい雰囲気なのではないかと思うが、ハイファッションに興味のある方にとってはムッシュ・ディオールとジョン・ガリアーノのクリエーションについて考え直すまたとない機会だという気がする。

タイトルに「2人の奇才」とあるが、私は昔からムッシュ・ディオールはむしろスタンダードな美意識、常識的な感性の持ち主だったように思っている。異常だったのは、1940年代=第二次世界大戦末期と、1950年代=戦後の回復期という時代の方で、時代に翻弄され鬱屈していた女性達のニーズにディオールのクリエーションがマッチした、と見るべきではないかという気がする。

それに対し、ガリアーノの方は、まさに異端児。時として「ここまでやるか」というような耽美的なドラマトゥルギーを見せ付けてくる。

ムッシュ・ディオールが、ファッションが大衆のものとなる時代の前哨を生きた人であったのに対し、ジョン・ガリアーノは、ラグジュアリー・ブランド時代を迎え、ファッションが再び新富裕層のものになっていく時代の象徴的な存在の1人ではないかという気がする。

根底に流れる時代の差、顧客である女性達がクリエーションに求めるものの差というものを肌で感じるためにも、この展示会に足を運ぶ意味があるのではないだろうか。

« H&Mの新業態・COS | トップページ | パソコンのメモリ増設 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/6020677

この記事へのトラックバック一覧です: クリスチャン・ディオール設立60周年記念展「Two Decades of Creation」が開催 - 東京(H19.4.7MODE PRESS他):

» ディオールのショルダーバック [ショルダーバック大好き!]
ディオールのことは前も書いたけど、最近のショルダーバックはデザインがすごくよくって!!例えばこのバックを見て欲しいんだけど、エレガントさは全く以前のモデルから落ちていないのにデザインはすごくおしゃれですよね。私の目に入らなかっただけかもしれないんだ...... [続きを読む]

« H&Mの新業態・COS | トップページ | パソコンのメモリ増設 »