最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« インターテキスタイル上海07ージャパンパビリオン出品者の募集を開始ー(H19.5.19繊研新聞) | トップページ | クリエーター、デザイナーはどうやって生計を立てればよいのか? »

2007年5月20日 (日)

店舗の営業時間を短縮し、ショップスタッフを「普通の人」でも務まる職業に!

今日のポッドキャストは、ズバリ、タイトルのような内容について話しております。

私は、求人難は給与さえ上げれば解消する、という風には考えておりません。個別的には、同業他社、異業種との競合状況等によって決まってくる部分も多いと思うのですが・・・。

給与というのは、微妙なバランスで相場が決まっている部分があって、例えばファッション業界でアパレルのデザイナーより商社系OEM企業のデザイナーの給与が軒並み高いのは、「オリジナルのデザインには携われないけれど、実入りは良いという魅力と、『私は商社系企業にお勤めしているんだ』という満足感で人材を呼び寄せる」ためだと、ある人材あっせん会社の方に伺ったことがあります。

そういう相場感を無視して、いたずらに給与だけを上げても、そんなに費用対効果は変わらない、というのが、実情だと思います。

最近の現場は、常識的な感覚を忘れて、混乱に向かっている、という気がしてならないのは私だけでしょうか?

では、ポッドキャストをどうぞ。お時間は16分強です。

「2007_05_20_22_35.mp3」をダウンロード

« インターテキスタイル上海07ージャパンパビリオン出品者の募集を開始ー(H19.5.19繊研新聞) | トップページ | クリエーター、デザイナーはどうやって生計を立てればよいのか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/6491716

この記事へのトラックバック一覧です: 店舗の営業時間を短縮し、ショップスタッフを「普通の人」でも務まる職業に!:

« インターテキスタイル上海07ージャパンパビリオン出品者の募集を開始ー(H19.5.19繊研新聞) | トップページ | クリエーター、デザイナーはどうやって生計を立てればよいのか? »