最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 籐のかごの縫い目?ボッテガ・ヴェネタの縫い目? | トップページ | EC研合同フォーラムで『モバイル大変革時代のケータイ通販ビジネス』(翔泳社)をお買い上げ下さった皆様、有難うございました »

2007年6月14日 (木)

文化出版局さんの雑誌『銀花』のこと

先週平日の夕方、リサーチの帰りに、改装リニューアルオープン直前の伊勢丹新宿店さんで、「やっぱジャン=ポール・エヴァンは最高だニャー♪」と思いながら、ショコラ・ショをすすったことを思い出して、食べ物についてあれこれ検索しネットサーフィンしていたら、流れ流れて文化出版局さんのサイトに行き着いてしまった。

皆さんご承知の通り、同社はお料理本のベストセラーを沢山出しておられるので、別に不思議なことでも何でもないんですが・・・。

そのサイトを拝見していて、思い出したんですよ、季刊の雑誌『銀花』さんのことを!

嗚呼、本当に、長いことこの雑誌から遠ざかってしまっておりました。岡山に居た時は、職場が岡山市の中心街だったので、お昼休みや夜、調べ物をしたい時などすぐに丸善さんや紀伊国屋書店さんに行っていたので、雑誌も本当に多種多様なジャンルのものに目を通していたんですが、何せ両国は、東京でも外れの方にある小さな街で、大きな本屋さんがないので、どうしても仕事上必要に迫られたものだけをネットで買ったり自宅の近所の本屋さんで買ったり、という感じになっていて、いつの間にか忘れてしまっていたのだ。

前置きが長くなってしまったが、このサイトをご覧頂ければおわかり頂けると思いますが、この雑誌は素晴らしい雑誌です。高い志を持って編集されている雑誌です。布(テキスタイル)、中でも日本の布や、和の伝統文化、手仕事に関心のある若い皆様には、是非お勧めしたいです。私も、今度はちゃんと買って読ませて頂きます。

« 籐のかごの縫い目?ボッテガ・ヴェネタの縫い目? | トップページ | EC研合同フォーラムで『モバイル大変革時代のケータイ通販ビジネス』(翔泳社)をお買い上げ下さった皆様、有難うございました »

コメント

はじめまして。
というよりご無沙汰しております。

今日のタイトルを見てふと思い出しました。そういえば、うちの妹の店で働くデザイナーも文化出版局より本をだしているそうなんです。実はアパレル系でした。いつか取材してやってください。といってもNYですが。

本は、
・小さくてもきちんとした服―ニューヨークの子ども服6か月から3歳まで (単行本)
・子どもだってきちんとした服―ニューヨークの子ども服 3歳から8歳まで
でした。

ブリブリ人さま!大変にご無沙汰いたしております。
益々ご活躍の由、何よりですね。

妹さん、文化出版局さんから本を出されるなんて、すごい方ですね。

向こうの子供服は、日本と感覚が違って素敵ですよね。

機会があればお目にかかりたいです。

取材は国内がやっとで、NYには、なかなか行けそうにないんですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/6787814

この記事へのトラックバック一覧です: 文化出版局さんの雑誌『銀花』のこと:

« 籐のかごの縫い目?ボッテガ・ヴェネタの縫い目? | トップページ | EC研合同フォーラムで『モバイル大変革時代のケータイ通販ビジネス』(翔泳社)をお買い上げ下さった皆様、有難うございました »