最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« EC研合同フォーラムで『モバイル大変革時代のケータイ通販ビジネス』(翔泳社)をお買い上げ下さった皆様、有難うございました | トップページ | ショップスタッフの立ち仕事の疲れ、どうすれば軽くなるか? »

2007年6月17日 (日)

アクセサリービジネス、輸入・輸出・新業態開発の可能性

数日前から繊研新聞さんの最終面に連載されている「カフマン雅子のNY通信」、16日(土)付けの回に、「維持費はアクセサリーのショールームは服のショールームより安めの設定となっている」(同紙より引用)との記述があったが、

以前、ある展示会で、インポーターの方から、「アクセサリーは床を取らないからデリバリーの費用も安いんですよね」という話を聞いたことがある。

小さな商品で床を取らないということは、ショップの店舗面積も小さくても成り立ちうる、ということも意味する。

更には、アクセサリーの場合、マークダウンを必ずしも行わないビジネスモデルというのも考えうる(この特性をうまく生かしてアクセサリーのセレクトショップを業態開発されたのが、アッシュ・ペー・フランスさんだと思うが)。

アパレルの店舗面積が完全にオーバーストアになっていることや、昨今のセレクトショップの業界の品揃えに対する姿勢の変化、ヤングのカジュアル化等を嘆く声をこの春夏は多くの業界人の方々から耳にしたが、「ファッション」という概念を狭く捉えすぎなければ新たなビジネスチャンスはあるのではないかと私は思います。

今の時代の良さは、昔だとある一定年齢以上の人の方向転換は難しかったが、ヤングの数が減ったため中高年のチャレンジに対してはむしろチャンスが広がっている、というところにあると思う。(裏を返せば厳しい時代なので方向転換せざるを得ないという面もあるんですけどね)。

自分の好きなことを徹底して掘り下げる一方で、情報収集の際は少し視野を広く持って、新たな可能性を模索することも大切なのではないかという気がします。

« EC研合同フォーラムで『モバイル大変革時代のケータイ通販ビジネス』(翔泳社)をお買い上げ下さった皆様、有難うございました | トップページ | ショップスタッフの立ち仕事の疲れ、どうすれば軽くなるか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/6810056

この記事へのトラックバック一覧です: アクセサリービジネス、輸入・輸出・新業態開発の可能性:

« EC研合同フォーラムで『モバイル大変革時代のケータイ通販ビジネス』(翔泳社)をお買い上げ下さった皆様、有難うございました | トップページ | ショップスタッフの立ち仕事の疲れ、どうすれば軽くなるか? »