最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 森美術館「ル・コルビュジエ展」 | トップページ | ヘアアクセサリー »

2007年6月11日 (月)

宮内嘉久氏の書名、お詫びして訂正致します

昨夜本を読みながら寝ようと思って気づいたのだが・・・。

昨日、一昨日とこのブログで宮内嘉久氏の著書を、『前川國男 敗軍の将(はいぐんのしょう)』をご紹介致しましたが、

よくよく見ると、『敗軍の将』ではなく、正しくは、『前川國男 賊軍の将(ぞくぐんのしょう)』でした。およよよ、もっと激烈なタイトルでした。

お詫びして、訂正致します。

ただ、この本を読んで頂くとお分かり頂けると思うんですが、建築ジャーナリストの宮内氏は前川氏と非常に懇意な間柄で、前川氏のことを強く尊敬しておられたようで、この本は前川氏の功績を広く世に知らしめる目的で執筆されたものだと思います。

『SPUR』の今月号(7月号)から始まったルイ・ヴィトンと集英社のアドバトリアルによる新連載「ルイ・ヴィトンと旅する日本 第1回 モノグラムin青森」でも、前川國男の建築が紹介されておりましたよね。前川氏の建築を見て、「津軽の地に、ル・コルビュジエばりの建物がある」、と、ブルーノ・タウトが驚嘆した、というエピソードがあるようです(森美術館の展示では、このことは書いてなかったかも?さくらが別のところで読んで記憶している話です、たぶん)。

« 森美術館「ル・コルビュジエ展」 | トップページ | ヘアアクセサリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/6753179

この記事へのトラックバック一覧です: 宮内嘉久氏の書名、お詫びして訂正致します:

« 森美術館「ル・コルビュジエ展」 | トップページ | ヘアアクセサリー »