最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 4月30日ブログお休みです | トップページ | 繊研新聞連載「SC バブル」が良かった »

2008年5月 1日 (木)

ブログ「野蚕通信」

私が昔勤めていた会社(日本繊維新聞)の上司・Nさんから、「ブログ『野蚕通信』を始めました」というメールを頂いた。

◆野蚕通信 http://yasanjin.no-blog.jp/koho/

Nさんは、新聞記者時代から、もう本当に長い間、野蚕の研究者の皆様や野蚕(「ワイルドシルク」)を使った商品開発に取り組んでおられる機屋さん、クリエーターの方々、小売業の皆様などのグループの応援を続けておられる。

野蚕を見つめることを通して、地球環境を保全することの大切さも追求なさっておられるようだ。草の根の地道な活動を継続することは、本当になかなか出来ることではない。私はN先輩を心から尊敬しています。

この「野蚕通信」、最初は紙媒体だったものが、メールにワードのファイルとして添付されるようになり、ついにはブログに進化した模様だ。

ブログの良い点は、コストをかけず、リアルタイムで簡単に更新出来、写真の貼りこみなんかも非常に楽であるというところにある。

野蚕の姿とか、野蚕を使った織物、イベントの様子などが、これからどんどんブログで紹介されることを楽しみにしたい。

ただ、往年のメールや封書でのご連絡に慣れた方々の中には、ついうっかりブログのチェックを忘れてしまう、という方もいらっしゃるかもしれない。記事を5,6本更新したら見出しを記したメールを皆様にお送りする、といった工夫があると、閲読率の低下が防げるかもしれないですね。

ところで、このブログを書きながら、「タイトルにそのものズバリのキーワード『野蚕』を入れておられるので、多分すぐに『野蚕 ブログ』では一位になるだろうな、このブログは」と思って検索をかけてみてビックリした。

野蚕の周辺散歩~多々寄り道あり」というブログが、既に存在しているではありませんか。しかも、内容が、N大先輩のブログとかなりかぶってますよね?

こちらのブログも、ひょっとして以前からNさんが記してこられたものなのでしょうか?それとも、Nさんのお仲間の、日本野蚕学会の皆様のどなたかが記しておられるものなのでしょうか?Nさん、もし良かったら、さくらに真相を教えて下さいませ。

追記:日本野蚕学会さんのホームページのトップページに、野蚕の写真が掲載されておりますが、とにかく、でっかいです!ご覧下さい。

« 4月30日ブログお休みです | トップページ | 繊研新聞連載「SC バブル」が良かった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/20696975

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ「野蚕通信」:

« 4月30日ブログお休みです | トップページ | 繊研新聞連載「SC バブル」が良かった »