最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« スポーツ用品が4年連続増ー日経MJの「2007年度卸売業調査」ー | トップページ | 『ロクシタンの秘密』 »

2008年8月 1日 (金)

雑誌『小悪魔ageha』に思うーage嬢の目尻が下がった訳は?ー

久々にコンビニで『小悪魔ageha』の9月号を買って帰った。

いつもは大体立ち読みで済ますのだが、何で買う気になったのかというと、巻頭特集の「'08上半期age嬢コスメ大賞」に惹かれたから。

それと、その特集の次のページに掲載されている、「実寸大!!あのコのアイライン寸法表がポスターになりました」は、メチャメチャ迫力があった。アイラインとマスカラ命、の皆様必読の特集である。

表面にはまず、誌面にいつも登場している18名のage嬢達の目元の写真(それも目をぱっちりと開いたところと閉じたところの2カット)が大写しになっており・・・。

その裏面には、左右の目それぞれに対して、例えば「上ライン目頭側1ミリ」「延長した目尻の幅8ミリ」「目頭のすき間8ミリ」「目頭から目尻まで34ミリ」などと、細かな寸法が計測して書かれている。

いやはや、これは、age嬢に憧れる皆さんにとっては、ものすごく役立つ実践的なテキストですよ。但し、元々の顔の大きさや目の大きさ、形には個人差があるので、その点を考慮にいれた上で模倣する必要はあるが・・・。

この、まるで、『VoCE』や『マキア』、『美的』のような30代から40代のコスメフリークをターゲットにした美容雑誌に匹敵するような微に入り細に穿った記事、こういうのが読めるから、私はターゲットを問わず日本のファッション雑誌が大好きなんですよね。

話は巻頭特集に戻るが、この特集を読んでいて、最近ストリートを見ていて私が感じていたことは間違っていなかったなと改めて思ったのだが、最近ギャルの皆さんの目尻のアイラインが、ちょっと下がり気味になってきているんですよね。

大人っぽい雰囲気ではなく、ちょっと愛くるしいたれ目っぽい感じのつくり込みである。

これって私が思うに、ひょっとしたらやはり、ここにきてまたまた日本が非常に不景気になってきた影響なのではないかなぁと。

以前エビちゃんモエちゃんなどに代表されるモテ系が流行っていた頃も不景気だったのだが、不景気になると、多くの女性の心理は「男性に守ってもらおう」とか「人に好かれたい」という方向に無意識のうちに向かっていくのではないかなぁ、というのが、さくらの仮説であります。

他にも、この特集を見ていて気づいたことだが、

age嬢の皆さんって、M・A・Cがすごくお好きなみたいなんですよね。まるで、『小悪魔ageha』さんはM・A・Cの回し者なんじゃないかと思うほど、ランキングに非常に沢山登場している。

気になったので数えてみたのだが、何とランキングで紹介されていた121品番中、18品番が、M・A・Cだったのだ!全体の約15%である。

M・A・Cは、以前同社の中国進出の話題をこちらのブログでご紹介したときにも触れた通り、派手なプロモーションがウリのメーキャップ系ブランドである。百貨店さんの1Fのコスメカウンターの中でも、M・A・Cのスタッフの皆さんのメイクやコスチュームの華やかさは一際目を引くので、その辺がage嬢の皆さんにもウケるのであろう。

ちなみに、この特集を見て非常にびっくりしたのは、さくらご用達の商品もかなり沢山ランクインしていたこと。ご参考までに列挙してみると・・・。

・資生堂アイラッシュカーラー

・レブロンカラーステイリキッドライナー201ブラッケストブラック

・クレ・ド・ポー ボーテコレクチュールヴィサージュDO

・メンソレータム薬用リップスティックXD

・ダヴモイスチャーフォームJ

・サナ 豆乳イソフラボンなめらか本舗クリーム

・美肌一族シートマスク

・DHCビタミンC

・ビオレ毛穴すっきりパック白色タイプ

・・・という感じで、9品番もあったのだが・・・。

見ての通り、さくらご用達の商品って、ほとんどと言っていい程、「安いモノ」だけでやんした(笑)。

何度も書いている通り、私は貧乏なので、コスメにはお金をあまりかけないよう気をつけているので、通常コスメ雑誌やキャリア系OL雑誌のコスメランキングに登場するような商品とはほとんどご縁がなかったりする(笑)。

今回、これだけ私の愛用品が出てきたのは、ある部分の金銭感覚はヤングに近いということの証明として、喜んだほうがいいのか、それともいい年をしてこんな程度でお肌を放置プレイしていたら、もう10年20年経ったときには取り返しのつかない状態に老化してしまうぞ~と危機感を持った方がよいのか・・・。

ただ、もうちょっとリッチになるまでは、普通のOLさん達とは逆の買い方なのだろうと思うが、やはり百貨店さんでは服と服飾雑貨は買っても、私の場合コスメに手を出すのはやはり難しいかなぁ、なんて思っております。

« スポーツ用品が4年連続増ー日経MJの「2007年度卸売業調査」ー | トップページ | 『ロクシタンの秘密』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/22712356

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌『小悪魔ageha』に思うーage嬢の目尻が下がった訳は?ー:

» 肝斑対策の薬用ローション [悩みバスターズ]
頬に広がる肝斑シミ対策薬用ローションが登場! [続きを読む]

» 関連するブログを集めています [【元気コラーゲン海物語】マリンコラーゲン飲料〜コラーゲンマニア〜]
【元気コラーゲン海物語】マリンコラーゲン飲料〜コラーゲンマニア〜 [続きを読む]

» コスメ販売 [コスメ販売]
コスメ販売 [続きを読む]

« スポーツ用品が4年連続増ー日経MJの「2007年度卸売業調査」ー | トップページ | 『ロクシタンの秘密』 »