最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« JIAM、次回もシンガポールでー最先端の情報発信し商売にー(H20.10.17センイ・ジヤァナル他) | トップページ | コーチの売り上げを支える、「下から上」消費 »

2008年10月19日 (日)

横浜市のBankART1929による、「BankART Mini Kitchen カレーストーリー」

横浜市が推進する歴史的建造物を活用した文化芸術創造の実験プログラム「BankART1929」さんが、何やら楽しげなことをやっておられるようだ。

みかんぐみや、かわしかかんすけ事務所など、建築家の方々にカレーを作ってふるまってもらおうという、「BankART Mini Kitchen カレーストーリー」。

これは、そのままアイデア拝借、ということで、ファッション業界版をやってみたら、非常に面白いことになりそうな気がするのだが。料理は横浜で開催するのでなければ、カレーに限定しなくてもいいと思うんですけどね。

わが業界のデザイナーの皆様方も、味覚にうるさく、もちろん盛り付けやお皿とのコーディネートにもこだわりのある方が多いと思うので。エプロンなんかもイベントに合わせて、オリジナルでこしらえたりなんかして。

「ミナ・ペルホネン」の皆川明デザイナーみたいに、昔とったキネヅカでまぐろを解体できるような凄腕のデザイナーさんもいらっしゃいますし、

「ドラゴンフライカフェ」を擁するイッセイミヤケグループみたいに、カフェ事業を運営なさっておられる企業さんも多いので。

冗談抜きで、東コレの特別企画か何かでやってみると、かなり盛り上がるのでは?会場は、百貨店さんの地下食品売り場をお借りすれば、お互い集客やPRの点でもメリットが出るのではなかろうか。

ファッションの定義を狭く限定せず、「クリエイティブの力でライフスタイルを、そして世の中を楽しく明るくする」という風に考えて行動することが、今、一番大切なことなのではないかなぁと、私は思います。

« JIAM、次回もシンガポールでー最先端の情報発信し商売にー(H20.10.17センイ・ジヤァナル他) | トップページ | コーチの売り上げを支える、「下から上」消費 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/24613233

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜市のBankART1929による、「BankART Mini Kitchen カレーストーリー」:

« JIAM、次回もシンガポールでー最先端の情報発信し商売にー(H20.10.17センイ・ジヤァナル他) | トップページ | コーチの売り上げを支える、「下から上」消費 »