最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 「プリュス・バイ・ショセ(plus by chausser)」のブーツを買った | トップページ | 平野友朗著『コストゼロで人脈と売上を増やす仕事の仕組みー相手の本音を引き出すビジネスメール力ー』(ビジネス社) »

2008年10月 5日 (日)

「ジバンシィ(Givenchy)」の2009S/Sコレクション、nice!

(昨日のエントリにブーツの写真をアップしました。ご興味のある方は是非ご覧ください。

蛇足ですが、今日気になって自分の所有靴を数えなおして見たところ、東京に置いている24足中、4足が「ハッシュパピー」さんの靴でした。「ハッシュパピー」は、コンフォートシューズとしては確かにとてもいい靴なんですが、少し登場させる頻度を減らさねば!)

さてさて、ミラノ・コレ、パリ・コレをあれこれと眺めておりますが・・・。

リカルド・ティッシの「ジバンシィ(Givenchy)」が、なかなかniceだったのではないかと、個人的には思ったのだが。

style.com「Givency Spring 2009 Ready-to-Runway Review」

http://www.style.com/fashionshows/review/S2009RTW-GIVENCHY

80年代っぽいボンデージ・ファッション。好き嫌いがはっきりと分かれるのではないかと思うし、日本ではこういうレディスの強い服を好む層は少ないとは思うが・・・。

ファッションとは、あくまでもパーソナルなもの。リカルド・ティッシ氏「らしさ」が全開の服になっているように思うし、この個性が似合う層にとっては飛びつきたくなる服になっているから、それでいいと思うのだ。

サンドベージュのシフォンの蛇柄のようなモチーフが裾の方から上方に向かってうねりながら縫い付けられた金地のミニ・ワンピースとか、黒いノーカラーのロングジャケットに同じ丈の白のシャツブラウス+ニーハイの黒ブーツとか、黒の半袖レザージャケットに、股のところが丸くくり貫かれたデニムのコンビネゾンと、黒のレザーレギンスの組み合わせとか、インパクトのあるコーディネートが揃っている。

7月のメンズ・コレクションに続いて、ティッシらしいベクトルをしっかりと打ち出した2009S/Sレディスコレクションだったようだ。

« 「プリュス・バイ・ショセ(plus by chausser)」のブーツを買った | トップページ | 平野友朗著『コストゼロで人脈と売上を増やす仕事の仕組みー相手の本音を引き出すビジネスメール力ー』(ビジネス社) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/24268639

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジバンシィ(Givenchy)」の2009S/Sコレクション、nice!:

« 「プリュス・バイ・ショセ(plus by chausser)」のブーツを買った | トップページ | 平野友朗著『コストゼロで人脈と売上を増やす仕事の仕組みー相手の本音を引き出すビジネスメール力ー』(ビジネス社) »