最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« ロールプレイコンテスト花盛り。百貨店は? | トップページ | リンク集に、「Chiezo's blog」と「クリエーターズ・ブログ鈴木清之」を追加しました »

2008年12月12日 (金)

『ナチュリラ』4号に思う、時代が求める「陽だまりが似合う服」

忘年会で、半分ぽーっとなりつつも、帰り道で買い求めた主婦と生活社刊行のムック本『ナチュリラ』の最新号(4号)を眺めていて、感じたことがある。

ちょっと前から、ナチュカジって、天然繊維の白っぽい色のお洋服同士の重ね着が多いけど、冬になったらどうなるんだろう、と思っていた。

実際冬になってみて、もちろん素材は同じ天然繊維でもウールにシフトしていっているし、黒や紺のピーコートやダッフルコートを筆頭に、黒っぽい色のアイテムも増え、全体的に濃い色の比率は上がってきてはいるのだが、

それでも、やはり、白や生成り比率は高いんですよね。ざっくり言って、全体の2割くらいはあるかもしれない。

「これって、何なんだろう」と思いながら、誌面を眺めていて、ある言葉に辿り着き、全身に電流が走るような感じでピンとひらめいたんですよね。

「陽だまりが似合う服」というキャッチコピー・・・。

そして、巻頭の、編集部からのメッセージにあった

北風に負けないナチュラルスタイル」

春は、もうすぐそこまで来ています」という表現・・・。

嗚呼、そうなんだ、今は、気温は高いけど、経済が極寒で、身も心も縮こまってしまっている人が多い。

白はきっと、光とか、太陽とか、ぬくもりの象徴なんだなぁ、と。

2009年のファッションというか、世の中全体のキーワードは、上半期が「エコ」で、元々はナチュカジもエコブームから派生した部分が大きいだと思うのだが、

下半期に入って、キーワードが「不景気」にシフトしたのに伴って、長く愛用できる定番の鉄板アウターや靴、バッグなどの存在が一層浮上し「自分を守る服」、という意味合いが増してきたんじゃないかなぁと。

一昔前からある「癒しブーム」とは違って、疲れたから癒されたい、という感じではないんですよね。疲れすら感じないほど冷静に現在の経済状況を感じていて、自分と自分の家族を守ろうとしている、そんな気分なんだと思います。

冬の日の小さな陽だまりではなく、陽の光が燦々と差し込み、木々が芽吹き花が咲く春が早く来ることを、心から願う、そんな日々です。


ナチュリラ vol.4 (2009Winter/Spring―大人ナチュラルな着こなしのほん (4) (別冊美しい部屋)Bookナチュリラ vol.4 (2009Winter/Spring―大人ナチュラルな着こなしのほん (4) (別冊美しい部屋)


販売元:主婦と生活社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ロールプレイコンテスト花盛り。百貨店は? | トップページ | リンク集に、「Chiezo's blog」と「クリエーターズ・ブログ鈴木清之」を追加しました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/26138464

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナチュリラ』4号に思う、時代が求める「陽だまりが似合う服」:

« ロールプレイコンテスト花盛り。百貨店は? | トップページ | リンク集に、「Chiezo's blog」と「クリエーターズ・ブログ鈴木清之」を追加しました »