最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 続・上海のベルーシュカ(Bershka) | トップページ | 「ディーゼル(DIESEL)」のホームコレクションに、照明と家具のラインが登場 »

2009年6月19日 (金)

ブログ『食品スーパーマーケット最新情報』さんのエントリ「日本の食品マーケットを概観してみる!」

(有)PI研究所コンサルタント・鈴木聖一さんのブログ「食品スーパーマーケット最前線」の6月19日付けのエントリ「日本の食品マーケットを概観してみる!」が興味深い内容でしたので、リンク&トラックバックさせて頂きましたm(__)m

日本の食品マーケットを概観してみる!ー食品スーパーマーケット最前線

「こと食品に関しては、食品スーパーマーケットが約40%を握るNo.1業態である」「店舗数で見てみると、GMS 1店舗当たり、食品スーパーマーケットが約10店舗存在し、コンビニが約30店舗存在し、食料品専門店が約100店舗存在する構造となっており」というくだり等、ぼんやりとは感じていたことなんですが、「なるほど」という感じですね。

しかし、衣料品のジャンルでは端的に感じることなんですが、食料品の分野においても、ひょっとしたらGMS(ゼネラル・マーチャンダイジング・ストア)というのは、時代の使命を終えているのかも、なんて思ったりもしました。

« 続・上海のベルーシュカ(Bershka) | トップページ | 「ディーゼル(DIESEL)」のホームコレクションに、照明と家具のラインが登場 »

コメント

はじめまして、色々と参考にさせていただきます。

ふるたさま、はじめまして!

わざわざコメントありがとうございます。

ふるたさまのブログも、専門家ブログですね!
こちらの方こそ、今後ともよろしくお願い申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/30173890

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ『食品スーパーマーケット最新情報』さんのエントリ「日本の食品マーケットを概観してみる!」:

» 【第224号(簡易版)】スーパーマーケット、本業の食品販売に注力。 [英語新聞ウォールストリートジャーナル(WSJ)から見た起業・ビジネスのヒント]
nbsp;◎2009/06/25 11:09 現在のトップニュースFed on Hold as Slump Eases FRBは、景気の悪化は緩和したもののまだ弱いとして、ゼロ金利政策や長期国債買取は続けると発表した。◎本日のニュース(2009/06/24)1)見出し nbsp;Frugal Shoppers Drive Grocers Back to Basics 2)起業のヒント消費者は、景気悪化により家庭内で食事をする機会を増やしている。その影響を享受しているの... [続きを読む]

« 続・上海のベルーシュカ(Bershka) | トップページ | 「ディーゼル(DIESEL)」のホームコレクションに、照明と家具のラインが登場 »