最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 【書評】光畑由佳著「働くママが日本を救う!  『子連れ出勤』という就業スタイル」(マイコミ新書、定価780円+税) | トップページ | 雑誌『リンネル』vol.5と森ガールとヴェロニク・ブランキーノ(VERONIQUE BRANQUINHO) »

2009年6月 3日 (水)

ヨガ用にTシャツ購入@両国

ヨガ用にT<br />
 シャツ購入@<br />
 両国

お昼頃、自転車に乗って両国駅方面に向かっている時に、junky styleさんというジーンズカジュアル専門店さんの軒下にヨガ用にちょうど良さげな雰囲気のTシャツがぶらさがっているなぁ〜と思いながら眺めていたんですが、

午後9時過ぎ、会社を出て帰宅しようとしている頃にまだお店が空いていたので、運良くGET致しました。

東洋エンタープライズさんの「SUNSURF」というブランドで、ハワイアンの柄がリソースになっているみたいなんですが、

家に帰ってよくよく見ると、私がブッダだと思っていた絵柄は、男女交歓の図でありました(^^;; ヨガをやっておられる皆様はご承知の通り、ヨガの世界では本来は過剰な性欲は抑えようという考え方なんですが、これはこれで、大らかでいいんじゃない、ということで、良しといたしましょう。

メンズのミディアムサイズですが、多少体重が落ちてきたとはいえ、まだまだ「たっぷりと着ている」というよりも、「丁度良いかも」という感じなのが、悲しいんですが(笑)。

たたんで写真に撮ってしまったので、わからないと思うんですが、身頃の部分はグラデーション染めになっていて、裾の方に行く程薄いブルーになっております。

本来税込み7,245円だったのが、マークダウンで3,900円になっていたので、お得でした。もう1枚、お色違いの赤が残っていましたよ。

このTシャツだと、ボトムスはタイダイ(絞り染め)でベルボトムのシルエットになっているヨガパンツが合いそうですよね。そういうのをまだ持っていないんですが・・・。かくして、1点のお買い物が、常に次のお買い物の呼び水になってしまうさくらでありました(So, everyday no money ! )

ジャンキースタイル(junky style)

« 【書評】光畑由佳著「働くママが日本を救う!  『子連れ出勤』という就業スタイル」(マイコミ新書、定価780円+税) | トップページ | 雑誌『リンネル』vol.5と森ガールとヴェロニク・ブランキーノ(VERONIQUE BRANQUINHO) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/29939450

この記事へのトラックバック一覧です: ヨガ用にTシャツ購入@両国:

» ハーフパンツ [ハーフパンツ]
ハーフパンツの季節です!ハーフパンツのメンズを父の日のプレゼントにしようかなんて考えています。 アディダス ハーフパンツは自分用に欲しいです。ジャージのやつですが。 [続きを読む]

» マウジー デニム [マウジー デニム]
マウジーのデニムを買いました。moussyです。店頭のサイズ表記を見ると、 [続きを読む]

» ケイトスペード アウトレット [ケイトスペード アウトレット]
ケイトスペードのアウトレット店舗に行くと通常よりも安くケイトスペードが販売されています。人気のケイトスペードを購入するなら、やはりアウトレットがお勧めですね。 [続きを読む]

« 【書評】光畑由佳著「働くママが日本を救う!  『子連れ出勤』という就業スタイル」(マイコミ新書、定価780円+税) | トップページ | 雑誌『リンネル』vol.5と森ガールとヴェロニク・ブランキーノ(VERONIQUE BRANQUINHO) »