最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« コンデナスト社、mens.style.comを解体へ | トップページ | 癒しフェア2009 »

2009年7月22日 (水)

マッキンゼー・アンド・カンパニーのレポート「日本における高級品市場ー消費の冷え込みは一過性のものか、それとも長期化するのか」

自分へのメモ書きとして。

1つ下のエントリを書くためにマッキンゼー・アンド・カンパニーのホームページを見に行ったら、面白そうなホワイトペーパー(報告書)を見つけました↓↓↓

Luxury goods in Japan:Momentary sigh or long sayonara?

このエントリのタイトルに掲げた訳は、私が訳したのではなくて元々同社のホームページのトップページに掲げられていた文章なんですが、この訳だと原文の洒脱な味わいがなくなってしまっていますよね。ちょっぴり残念。

暇な時に、読んでみようと思っておりますが、正直、読む前にある程度回答が予想できるかも。

(マーケットを「日本」に限定しなければ、彼らは簡単に収益は上げられますんで。ホントに困っている訳ではないんですよ)。

« コンデナスト社、mens.style.comを解体へ | トップページ | 癒しフェア2009 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« コンデナスト社、mens.style.comを解体へ | トップページ | 癒しフェア2009 »