最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 合同展の出展ブランドの皆様、市場の価格とトレンドを「知って」おられますか? | トップページ | ネット通販サイト「セレクトショップマナマナ」さんの「新人ファッションデザイナー大賞」受賞者サポートページがオープンしました »

2009年10月30日 (金)

大原孫三郎氏シンポ@大阪歴史博物館(11月3日開催)

ちょっと前に日本繊維新聞さんで見ていて、

関西在住だったら、祝日の開催だし絶対行くのにな、と思ったシンポジウムをご紹介させて頂きます。

倉敷紡績(現在のクラボウ&クラレ)の第2代社長・大原孫三郎氏が開設した大原社会問題研究所の90周年記念シンポジウムが、大阪歴史博物館さんで11月3日(火)に開かれるそうです。

「大原孫三郎がミュージアム、図書館、そして大阪に残したもの」ー大阪歴史博物館

クラボウさんクラレさんは、私の故郷・岡山と非常にゆかりの深い企業さんです。大原孫三郎氏は、戦前の、まだ日本社会が十分に経済発展しておらず政治や文化も成熟していなかった時期に、狭義の経営のみならず、社会・労働問題や医療、文化、芸術など、多様な領域において広い視野を持ち先見性の高い業績を沢山残しておられるところが、傑出していると言えるのではないでしょうか。

城山三郎著『わしの眼は十年先が見える』、随分前に読んで、もちろん東京にも持って来ている本ですが、こちらもおすすめです。


わしの眼は十年先が見える―大原孫三郎の生涯 (新潮文庫)Bookわしの眼は十年先が見える―大原孫三郎の生涯 (新潮文庫)


著者:城山 三郎

販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 合同展の出展ブランドの皆様、市場の価格とトレンドを「知って」おられますか? | トップページ | ネット通販サイト「セレクトショップマナマナ」さんの「新人ファッションデザイナー大賞」受賞者サポートページがオープンしました »

コメント

両国さくらが経営したの?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/31993370

この記事へのトラックバック一覧です: 大原孫三郎氏シンポ@大阪歴史博物館(11月3日開催):

» サフィア・ミニーと大原孫三郎 [にわかブロガーの成功哲学研究所★ろぐ]
タイトルを見て「この2人の相関性って何?」と思った人もいるかも知れません。 前者はフェアトレードとファッションビジネスを結びつけた社会起業家。 後者はご存知、大原美術館を作ったり岡山県倉敷地区を中心に日本で先駆けて社会貢献活動を進めた実業家です。 時代..... [続きを読む]

« 合同展の出展ブランドの皆様、市場の価格とトレンドを「知って」おられますか? | トップページ | ネット通販サイト「セレクトショップマナマナ」さんの「新人ファッションデザイナー大賞」受賞者サポートページがオープンしました »