最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 敢えてラグジュアリー・ブランドをスルーした勇気に拍手ー展覧会「Luxury ラグジュアリー:ファッションの欲望」 | トップページ | 関西系セレクトショップの健闘ーパルグループとアーバンリサーチ »

2009年12月21日 (月)

これから見に行きたい展覧会「楊福東 将軍的微笑」@原美術館

この間、ネットサーフィンしていて、次に見に行きたい展覧会を見つけました。

ヤンフードン(楊福東)氏という、中国の映像作家の方の作品を集めた個展「将軍的微笑」です。

原美術館公式ホームページ

ちょうど、12月19日(土)に始まったばかりで、2010年の3月28日(日)までの会期だから、何とか行けそうかな(^^)

楊福東氏のホームページ上に掲載されているご経歴と作品を見ると、1971年生まれの方で、90年代の後半から作家活動を開始なさっておられるようですが、

現代の中国においては、ものすごいスピードで社会が進化しているので、2000年とか2003年くらいのフィルムを見ても、大昔の映像、くらいの感覚を憶えると思いますので、

非常に興味深いです。

進化する社会(国家)に対し、そこに生きる人間がそれをどのように感じ取り、変わっていくのか(あるいは何かを変えずに守ろうとするのか)、

その姿を記録することは、今を生きる同時代人にとっても、後からその記録を目にする後世の人々にとっても、意義のあることだと思うのです。

速すぎる進化に即座について行くことが難しくて、意味付けが出来ないまでも、自らの役割を「記録する人」と規定することで、アイデンティティの崩壊を防ぐ、という効果もあるのかもしれません。

そして、その記録を、少し時を置いてから、時代と地域という両軸の中で再確認することで、ゆっくりと進むべき道を見いだしていけば良いのではないかと。

記録すべき対象は、本当は、進化する存在だけではないと私は思っているんですよね。急速に落日の一途をたどる「新興衰退国」のリアルもまた、記録されてしかるべき対象だと思います。

« 敢えてラグジュアリー・ブランドをスルーした勇気に拍手ー展覧会「Luxury ラグジュアリー:ファッションの欲望」 | トップページ | 関西系セレクトショップの健闘ーパルグループとアーバンリサーチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/32691919

この記事へのトラックバック一覧です: これから見に行きたい展覧会「楊福東 将軍的微笑」@原美術館:

« 敢えてラグジュアリー・ブランドをスルーした勇気に拍手ー展覧会「Luxury ラグジュアリー:ファッションの欲望」 | トップページ | 関西系セレクトショップの健闘ーパルグループとアーバンリサーチ »