最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« これから見に行きたい展覧会「楊福東 将軍的微笑」@原美術館 | トップページ | ユニクロ「プラスジェイ(+J)」春物第一弾の感想 »

2009年12月23日 (水)

関西系セレクトショップの健闘ーパルグループとアーバンリサーチ

昨年の今頃は、「年越し派遣村」なんて言葉が流行っていて、他産業の派遣社員さんが仕事を失っておられるお姿を見ながら「大変な時代になったもんだ」と思っていたのが、

今年は希望退職の募集が身近なところあちこちで行われており、ある方がおっしゃっていたお言葉ではないですが、「ネガティブな情報を耳に入れたくないので人に会いたくない」というお気持ちの皆さんも多いのではないかと思います。

何かと言えば、「フォーエバー21」「H&M」「zara」などのファストファッションや、日本の企業では「ユニクロ」さんの話題ばかりが目立っていた2009年なんですが、

よくよく目を凝らして見ると、ファッション業界内には他にも頑張っておられる企業さんは幾つもございます。

その良い例が、先日WWDジャパンさんも書いておられましたが、関西系専門店(セレクトショップ)のパルグループさんとアーバンリサーチさんではないでしょうか。

この2社さんが好調な理由は、

・駅ビル内のセレクトショップの価格帯が、東京系の同業他社に比べ値ごろ感がある。

・トレンドに頼らない、独自のコンセプトを軸にした個性的なMDで、他社と差別化が出来ている。

・郊外型業態向けの、いい意味で手抜きしながらも顔が良く駅ビル店より更に安い商品企画と店作りがうまい。

・・・といったところにあるように思います。

両者とも、ショップスタッフの皆さんの接客も良いですしね。

もともと、ジーニングカジュアルの流れを汲むところから会社がスタートしておられるし、関西という土壌で培われたリアルな視点、かっこつけすぎず、お客様目線重視であるところが、成功につながっているのではないでしょうか。

特にアーバンリサーチさんについては、最近アパレルウェブさんサイドからもセミナーなどでご紹介されているようですが、PCインターネットやモバイルの活用も非常に進んでおられるという点も素晴らしいですね。

« これから見に行きたい展覧会「楊福東 将軍的微笑」@原美術館 | トップページ | ユニクロ「プラスジェイ(+J)」春物第一弾の感想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/32703938

この記事へのトラックバック一覧です: 関西系セレクトショップの健闘ーパルグループとアーバンリサーチ:

« これから見に行きたい展覧会「楊福東 将軍的微笑」@原美術館 | トップページ | ユニクロ「プラスジェイ(+J)」春物第一弾の感想 »