最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 初売広告は新入学特集ーニトリ | トップページ | ファーストリテイリングが数百人規模の社員を海外勤務に »

2010年1月 5日 (火)

書評『サロン・デュ・ショコラ オフィシャル・ムック』

お正月が終わったら、次はバレンタインデー・・・。

という訳でもなかったんですが、書店で見かけて面白そうだなと思って購入し、

帰省の新幹線の中で読んだムック本『サロン・デュ・ショコラ オフィシャル・ムック』、やっぱりとても面白かったです。


サロン・デュ・ショコラ オフィシャル・ムック (ランダムハウス講談社MOOK)Bookサロン・デュ・ショコラ オフィシャル・ムック (ランダムハウス講談社MOOK)


著者:ランダムハウス講談社編集部

販売元:ランダムハウス講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


とにかく、写真がきれいで、これでもかこれでもか、といった具合に登場するチョコレートが、どれもこれもみんな美味しそうで、「嗚呼、食べた〜い」という欲望を呼び覚まされるから、ということもあるんですが、

ショコラティエ(チョコレート職人)の皆さんへのインタビュー記事を読ませて頂き、

・生い立ち(何故ショコラティエになったのか)。

・商品開発の際、どういったことに着想を得ているのか。

・味覚及び美意識を磨くためにどのような努力をなさっておられるのか。

・美味しいチョコを作るため、生産工程及び品質管理のどんな点に気を使っておられるのか。

・日本に対しどのような印象を抱いておられるのか。日本向けの商品開発の手法。

・・・といったところが、ファッション業界にとっても参考になる点が多いように感じました。

ショコラティエって、ファッション業界でいうと、デザイナーとモデリストと縫製工場のオーナーが一緒になったような「創工一体型」のポジションで、しかも、出来上がった商品は街(地域)に根付いた自社のお店で販売出来る、つまりは、自分で作って、自分で売る=地域密着型のSPA(製造小売業)の商売ですから、非常にやりがいがありますよね。

皆さんご存知の通り、パリ発のこのイベントは、数年前から日本では伊勢丹さんで開催されておりますが、

サロン・デュ・ショコラー伊勢丹新宿店ホームページ

既に中国にも進出なさっておられるようです。

去年までは北京の開催だったみたいで、同書によるとそんなに盛り上がっていなかったそうなんですが、今年は1月末に上海で開かれるようで、動静が注目されます。

« 初売広告は新入学特集ーニトリ | トップページ | ファーストリテイリングが数百人規模の社員を海外勤務に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/32860253

この記事へのトラックバック一覧です: 書評『サロン・デュ・ショコラ オフィシャル・ムック』:

» 蒼海の 「明日は明日の風が吹く」 2 [ガラス瓶に手紙を入れて]
 やがて、生徒全員が帰省する待望の夏休みが、十九年の七月十五日から始まった。 [続きを読む]

« 初売広告は新入学特集ーニトリ | トップページ | ファーストリテイリングが数百人規模の社員を海外勤務に »