最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 書籍『EXILE KENCHI×NAOTO 劇ウマがっつりメシ 男が食べたい!『減量ボクサー』のレシピ』 | トップページ | 続・アレキサンダー・マックイーンー1つ前のエントリ内の追悼ブログ紹介に、デザイナー山縣良和氏のコメントを追加しました »

2010年2月13日 (土)

星になったアレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)

アレキサンダー・マックイーン氏は、まぎれもなく「gifted person」だったと思います。

彼のデザイナーとしての卓抜した才能の基となった類い稀な感受性の鋭さが、諸刃の剣となって彼自身の心を突き刺していたのではないでしょうか。

想像ですが、彼のよき理解者だった方々、魂と魂が呼び合うような相性の良い人達の多くもまた、彼同様の「弱き」人達だったのではないかと。もし、彼の才能(長所も短所も)をまるごと受け止めることが出来て、なおかつ「強き」心を持った父親的な存在が身近に居れば、ひょっとしたら悲劇は防ぐことが出来たのかもしれない・・・そんな風に感じました。

しかし、普遍性、長期的な付加価値の維持、クライアントの意向重視など、publicと向き合わなければならないプロダクトデザインとか建築、広告などの分野と異なり、短期的なスパンで商品が入れ替わり、自分の名前が前面に出る世界で、むき出しの「個」の個性の強さが世界中の若い人々から称賛を持って迎えられるファッションというジャンルでは、

他の世界では許されないような全てが「許され」、異端児が、自らの魂を消耗しながら短い生を疾走するにはうってつけの世界だったのだろうと思います。

少年は、老いることなく、星になりました。

少年の骨は、少年自身が最期のメンズコレクションで暗示していたように、土に還り、母なる大地=少年がこよなく愛していた、美しい地球の一部となったのです。

もう、苦しまなくても、いいんだよ。

ありがとう。サヨナラは、言わない。

私達もいずれ、貴方と同じように土に還るから。Thank you, Lee Alexander McQueen and his great creation!


PS. 追悼の意を込めて、「Alexander McQueen」ブランドのサイト及び、実際にアレキサンダー・マックイーン氏と面識のあった方、ジャーナリストのTim Blanks氏と、日本のファッションデザイナー・信國大志氏のブログを見つけましたので、ご紹介させて頂きます。

(追記:2月14日日曜日未明に、ファッションデザイナー・山縣良和氏のブログを追加させて頂きました)。

Alexander McQueen 公式サイト

Alexander McQueen, RIP-Style File blog

tribute to Lee Alexander McQueen-BUDDAH PUNK DIARY

LEE-coconogacco diary

« 書籍『EXILE KENCHI×NAOTO 劇ウマがっつりメシ 男が食べたい!『減量ボクサー』のレシピ』 | トップページ | 続・アレキサンダー・マックイーンー1つ前のエントリ内の追悼ブログ紹介に、デザイナー山縣良和氏のコメントを追加しました »

コメント

atm 私達もいずれ、貴方と同じように土に還るから。Thank you, Lee Alexander McQueen and his great creation!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/33355504

この記事へのトラックバック一覧です: 星になったアレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen):

» ショルダーバック [ショルダーバックおしゃれ情報サイト]
ショルダーバックおしゃれ情報サイトでは、ショルダーバックの話題をご紹介致します。 [続きを読む]

« 書籍『EXILE KENCHI×NAOTO 劇ウマがっつりメシ 男が食べたい!『減量ボクサー』のレシピ』 | トップページ | 続・アレキサンダー・マックイーンー1つ前のエントリ内の追悼ブログ紹介に、デザイナー山縣良和氏のコメントを追加しました »