最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 野毛Hana*Hanaさんでのイベント【その1】 | トップページ | ヤンフードン(楊福東)「将軍的微笑」@原美術館を見に行ってきました »

2010年3月13日 (土)

野毛Hana*Hanaさんでのイベント【その2】

1つ前のエントリでご紹介したイベントと合わせて、IFIビジネススクールのS君からは、もう1つご案内を頂いております。

こちらは、開催日がこの週末の日曜日で、しかも定員が30名と少なめですので、もし満席になってしまっていたらゴメンナサイ、なんですが、

一応ご紹介させて頂きますね(以下、S君のメールからの転載文になります)。


> 海外のファッション校のトップのアントワープとセントマーチンで学んだ福本優氏(デザイナー)と、文化ファッション大学院大学専任助教の馬場園晶司氏のプレイイベントが3月14日(日)に開催されます。こちらも必見です。

> fashion education#02
> 「ファッションを学ぶために、歴史を学ぶこととアーカイブ利用の重要性」

> 新たなファッションを創造するには歴史を学び過去を知ることが重要です。過去の表現を知ることにより、単なる焼き増しでなく、新たなクリエーションができると考えます。海外のファッション教育では歴史を学ぶことに重きをおいていると聞きます。今回のプレイベントでは、海外の一流ファッション校であるアントワープ王立芸術大学院大学とセントラルセントマーチンズ校で学んだ福本優氏(デザイナー)に、その体験が自身の創作にどう結び付いたのかを語っていただきます。また、歴史を学ぶ上でアーカイブの利用は欠かせません。世界でも有数のファッション関連のアーカイブを誇る文化学園から馬場園晶司氏(文化ファッション大学院大学専任助教)を迎えます。ファッションを学ぶためのアーカイブ利用の重要性、実際の日本の教育現場の状況や今後の課題等を語っていただきます。
> 当日、fashion education#02 講座説明会を合わせて行います。講座の受講をご検討の方々には必見のイベントです。

> 日程: 3月14日(日)14:00~16:00
> 入場料: 1000円 定員 30名
> ※このイベント当日に本講座を申し込んでいただければ、本講座の全日コース(コースA)・選択コース(コースB,C,D)とも2000円割引になります。
> 会場:野毛Hana*Hana 
> パネリスト
> ・福本 優氏(ファッションデザイナー)
> ・馬場園 晶司氏( 文化ファッション大学院大学、専任助教)

> 本講座「fashion education#2『ファッションを学ぶためのファッション・ミュージック・アート史講座』については、HPをご覧ください。
> プレイベントと本講座の申込書は、ダウンロードできます。
> http://www.noge-hanahana.org/nogediaschool.html

> 野毛Hana*Hana
> 〒231-0063
> 神奈川県横浜市中区花咲町1丁目42-1
> TEL&FAX 045-325-8123 
> E-mail noge.hanahana@gmail.com
> URL http://www.noge-hanahana.org

« 野毛Hana*Hanaさんでのイベント【その1】 | トップページ | ヤンフードン(楊福東)「将軍的微笑」@原美術館を見に行ってきました »

コメント

Blog見させて頂いてます

とても勉強になります


私は今高校2年で将来は
fashionの道へ進みたいと
思っています


これからもBlog更新
頑張って下さい

広瀬さま

コメントありがとうございます。

fashionの道に将来進まれたいとのこと、素晴らしいですね!

職種を問わず、興味関心の幅を広げて、ご自身の引き出しを数多く持つように心掛けられるとよいのでは?(なんて、えらそうなことは申し上げられせんが)。

広瀬さまの将来のご活躍、楽しみにしておりますね(^^)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野毛Hana*Hanaさんでのイベント【その2】:

« 野毛Hana*Hanaさんでのイベント【その1】 | トップページ | ヤンフードン(楊福東)「将軍的微笑」@原美術館を見に行ってきました »