最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 商業界『ファッション販売』5月号に、パルコ・シティ様と第10回TGCについて書かせて頂きました | トップページ | 伊勢丹、上海の大型店出店は最終交渉段階 »

2010年3月28日 (日)

靴下メーカー・岡本が針なし編み機を開発

これは、自分へのメモ書きですが、

3月26日(金)付けの繊研新聞さんによると、靴下メーカーの岡本(株)さんが、「編み針を使わない編み機のプロトタイプを開発したと発表した」(同紙より引用)なのだそうです。

非常に驚き、なおかつ感心致しましたので、先程同社の会社案内ホームページをチェックしてみたんですが、まだプロトタイプのレベルだからだと思いますが、ニュースリリースは掲載されておりませんでした。

繊研新聞さんによると、「今回開発したのは丸編み機で、3年以内に靴下を編めるよう改良する」とのことで、「従来の編み機(筆者注:丸編み機を指すと思われる)が250〜300キロに対し50キロまで軽量化し、音も静かになる」というのは、非常に画期的なことだと思います。

都市部の本社のサンプルルームにも置き易く、メンテナンスもし易くなるのではないでしょうか。

横、丸を問わず、ニットメーカーの方々は、「針が折れる」という問題に直面なさっておられると思いますが、針がなくなればもちろん折れる心配も無い訳で、非常に便利になりますよね!

それと、マシンが軽量になれば、当然それを動かすエネルギーも少なくてすみます。

岡本(株)さんと言えば、むれない靴下「SUPER SOX」のPR=足クサ川柳の募集などで話題になっておられる企業さんですが、マーケティングに卓抜しておられるだけでなく、商品開発の母体を成す生産機器の開発にまで注力なさっておられるとは・・・ここまでのことは、どの企業さんにも簡単に出来ることではないだけに、非常に素晴らしいことだと思います。

« 商業界『ファッション販売』5月号に、パルコ・シティ様と第10回TGCについて書かせて頂きました | トップページ | 伊勢丹、上海の大型店出店は最終交渉段階 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/33964973

この記事へのトラックバック一覧です: 靴下メーカー・岡本が針なし編み機を開発:

« 商業界『ファッション販売』5月号に、パルコ・シティ様と第10回TGCについて書かせて頂きました | トップページ | 伊勢丹、上海の大型店出店は最終交渉段階 »