最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 優しく華やぎのある器ールーシー・リー展 | トップページ | 神戸レザークロスさんが熱い! »

2010年5月 8日 (土)

中国時代 中国時装界新勢力

中国で最もよく利用されていると言われているインスタントメッセンジャー「QQ」と同じ系列のポータルサイト、「QQ.com」に、こんな記事が掲載されていました↓↓↓

中国時代 中国時装界新勢力ーQQ.com

見出しで、「中国の時代」と言い切っているのを見て、「言うじゃん」と思ったんですが、

記事に出てくる作品の画像を見て、納得。かなり、イケております!

そして、デザイナーさん達本人も、オシャレであります。

この記事を見て改めて思ったんですが、今や、間違いなく中国は、昔の日本の80年代のように、1980年代以降生まれの、ヨーロッパへの留学経験を持つデザイナー達による、「デザイナーズブランド」の時代に突入しつつあるなぁと。

そして、今後10年以内に、かつて三宅一生氏、山本耀司氏、川久保玲氏らがパリで巻き起こした、「東洋の衝撃」が、再び中国人デザイナー達の手によって再現されるのではないかと私は予想しております。

ただ、二度目の「東洋の衝撃」は、かつてのジャパニーズブランドがもたらした空気感とは相当に異なる、「大陸から吹く風」になると思います。

「独立設計師」としての誇りと自信に満ちあふれた中国人デザイナー達。

ダイナミック・アジア!

« 優しく華やぎのある器ールーシー・リー展 | トップページ | 神戸レザークロスさんが熱い! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/34580176

この記事へのトラックバック一覧です: 中国時代 中国時装界新勢力:

« 優しく華やぎのある器ールーシー・リー展 | トップページ | 神戸レザークロスさんが熱い! »