最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 2010年5月北京レポート中休み編1ーストリートスナップその1 | トップページ | 2010年5月北京レポート中休み編3ー名所旧跡その1 »

2010年6月 8日 (火)

2010年5月北京レポート中休み編2ーストリートスナップその2

昨日のエントリの続き、ストスナ@北京です。5月25日(火)の夕刻、SOHO尚都付近で写した写真と、26日(水)の朝の天壇公園です。

写真1 真ん中の女性のバッグは、「ルイ・ヴィトン」(地下鉄国賀駅付近)。 

Imgp0735

写真2 眼鏡の女性のバッグは、「グッチ」(地下鉄国賀駅付近)。

Imgp0736

写真3 路面のスタンドで売られている雑誌を見つめる女性。夏らしいショートパンツスタイルが似合っていました(地下鉄国賀駅とSOHO尚都の中間辺り)。 

Imgp0738

写真4 帰宅ラッシュの時間帯(午後6時半頃)、バスを待つ人々。気温30度を超す真夏日なので、男性ではシャツの裾をスラックスの外に出している人もいました(地下鉄国賀駅とSOHO尚都の中間辺り)。

Imgp0741

写真5 グリーン系の涼しげなワンピース姿の女性。昨日アップしたお写真の中にも数枚ございましたが、フェミニンなワンピーススタイルというのも、1つグルーピング出来るトレンドだと思います。こういうテイストをチョイスしておられる方は、皆さんスタイルの良い美人ばかりでした(地下鉄国賀駅とSOHO尚都の中間辺り)。

Imgp0742

写真6 後ろの建物も赤を基調にした個性的なデザインですが、写真中央の赤のワンピース姿の女性も、主張の強いファッションでこの館にぴったりだと思いました。後日記しますが、この建物の中にはおしゃれなブティックが何軒も入っておりましたので、こういうタイプのお客様が自ずと集まってくるのだろうと思います(SOHO尚都)。

Imgp07501

写真7 最終日の朝、天壇東門駅で写した写真。男性がピンクのポロシャツを着用しておりますが、初日に行った故宮でも天壇公園でも、差し色系で一番多かったのはピンク、次が赤、その次が黄緑、その次が紫・・・の順でした。スポーツブランドの影響が大きいのだろうと思いますが、ピンクは男性にも人気があるようです。

Imgp0776

写真8 脚の綺麗な女性は、ワンピが似合います(天壇公園)。

Imgp0781

写真9 こちらの写真では、中国っぽい柄の日傘に注目を!日傘の使用率は、かなり高かったです(天壇公園)。

Imgp0788

写真10 天壇公園の中で休憩する中高年のおばさん達。よく考えると自分はもうアラフォーと呼ばれる立派な中年なんですが、日本だとちょうど20年前くらいに私くらいの年齢だったおばさんのファッションは、ちょうどこんな感じだったかな、くらいの感じで、もう相当におしゃれになっております。

ただ、色、柄の好みに日本とは差はありますので、そのツボをどうつかみ、「現地化」するのか、敢えてブランドのスタイルを貫く戦略を取るのか、ということだと思います。

Imgp0795

« 2010年5月北京レポート中休み編1ーストリートスナップその1 | トップページ | 2010年5月北京レポート中休み編3ー名所旧跡その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/35129759

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年5月北京レポート中休み編2ーストリートスナップその2:

« 2010年5月北京レポート中休み編1ーストリートスナップその1 | トップページ | 2010年5月北京レポート中休み編3ー名所旧跡その1 »