最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 2010年5月北京レポートその3ー王府井(後編) | トップページ | 2010年5月北京レポート中休み編1ーストリートスナップその1 »

2010年6月 6日 (日)

2010年5月北京レポートその4ー西単

2010年5月24日(月)の夕方、午後4時前くらいに王府井からタクシーで西単に移動しました。その後午後8時前頃までかかって見て来た商業施設です。

写真1、2、3 西単大悦城

外資系のファストファッション企業がそろい踏みしており、北京では注目の商業施設なんだろうと思います。

私が見に行った際の、一番人気は、何といっても「H&M」!昨年4月に、上海の正大広場でバカ売れしている「H&M」を見て衝撃を受けましたが、北京もなかなかすごかったです。平日のまだ会社が終わる前の時間帯であるにも関わらず、1Fのフィッティング前に14名、レジ前には8名の行列が出来ておりました。B1キッズ、1Fメンズ&レディス、2Fが「ディバイデッドライン」の3フロア構成です。

一方、「ザラ(zara)」は、1Fがレディス&キッズ、2Fがメンズの2フロア構成のようでした。「H&M」の方が「ザラ」よりはちょっと安いせいか、少し「H&M」の方が客数は多いかなと思いましたが、それでも1Fのフィッティング前に9名、レジ前に4名の行列が出来ておりました。

2000年代の中頃毎年のようにミラノに行っていた際には、「H&M」と「ザラ」の客層の差は明確で、「H&M」の方が明らかに若い印象がありましたが、

中国の場合は、40代後半以降のお客様になってくるとベタな中国ドメスティックマーケットしかない(日本だと、いわゆる戦前派、キネマ世代以上の感覚ですね)、それ以下の年齢は逆に、みんな若作りで、戦後の日本のような「ミッシー」という感覚がなく(専業主婦が存在しないからかもしれませんね)、

「H&M」にも「ザラ」にも、飢えた魚が餌に群がるような感じで40代前半以下のお客様が30代も20代も10代後半もみんな飛びついているように見えました。

このショッピングセンターの3Fには「ユニクロ」も入っていましたが、フィッティング前の行列は3名、レジ前の行列は5名、来店客数も「H&M」や「ザラ」に比べると少ないなという印象です。それと、「ユニクロ」さんのお客様はちょっと太めな方が多いかな、という気もいたしました。

第1回目のレポートでもご紹介した通り、「ヴェロモーダ」(1F)、「オンリー」(2F)、「ジャックジョーンズ」(3F)の複合ショップも入店しております。

この他、1Fには「CKカルバンクライン」「b+ab」「無印良品」「izzue」、2Fにはアートグッズとファッションのお店「ARTCO by chizhang」、靴の「ウォーカーワン」「Belle」、3Fには「BASIC HOUSE」「エタム」「G2000」と、「イ・ランド(E LAND)」、そして、「イ・ランド」と同じ系列で、アバクロによく似た雰囲気の「WHO.A.U」などが入っておりました。

「WHO.A.U」は、アバクロ風なんだけれど、商品に関してはちょっとトラッド色が強いのがイ・ランドさんらしい中国向けのこなし方だなと思って感心しました。店内に入ると香水の香りがただよってきて(とはいえ、日本の銀座のアバクロほど激しい香りではありませんが)、ウッド調の内装やBGMと共に、五感に訴えるストアだなということを感じさせてくれます。

残念ながら、サイズはMサイズワンサイズのみなので、自分用は断念してプレゼント用の商品のみを買って帰りました。

Imgp0699

Imgp0700

Imgp0701

写真4、5 西単ショッピングセンター

1Fはお菓子やお茶などの食品売り場(入店するとものすごく甘い匂いがします)、2Fには「ジョルダーノ」や、おじさんおばさん向けの中国ドメスティックブランドが揃っております。

Imgp0702

Imgp0703

写真6 西単商城

上のフロアには上がれない構造になっているようだったんですが、1Fには「アディダス」「リーボック」「ナイキ」などのショップが軒を並べておりました。

Imgp0706

写真7、8、9 中友百貨

向かいの西単大悦城との差別化戦略なのか、コスメと靴が充実しているように感じました。

1Fには靴の「OLGA」「ウォーカーショップ」、化粧品では「ランコム」「資生堂」など以外に「M.A.C」「ロクシタン」が、2Fはシャツの「BNZU」、3Fはキャリア向け売り場で「NANNAR」レディスの「G2000」などが、4Fが「トレンド」と銘打った売り場で「JBNY」「オリーブデオリーブ」「ヴェロモーダ」「ティーニーウィニー」「イ・ランド」、5Fはメンズで「エビス」「ジャックジョーンズ」「I.T」などがございました。

「ティーニーウィニー」も、イ・ランドさん系のブランドです。熊のキャラクターをあしらった可愛らしさのあるトラッドです。

韓国発のイ・ランドさんも、上海でもそうなんですが、デンマークのベストセラー社に負けないくらいに、北京でもものすごく数多くのショップを出店なさっておられましたね。こちらも、間違いなく中国ファッション業界での勝ち組企業の1社でしょう。

Imgp07071

Imgp0708

Imgp0711

写真10 北京君太百貨

向かいの中友百貨さんよりは、若干パワー不足かなという感じもあったんですが、それでも、特に1Fには、午後8時前でもかなり沢山のお客様がお見えになっていました。

ブランドラインナップですが、1Fは靴の「STACATTU」「artenis」「stella zula」など、2Fは「アルマーニジーンズ」、3Fはメンズで「トニーウェア」、4Fはレディスで「オフオン」「I'MIS」「ダズル」などです。

Imgp0709

« 2010年5月北京レポートその3ー王府井(後編) | トップページ | 2010年5月北京レポート中休み編1ーストリートスナップその1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/35086035

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年5月北京レポートその4ー西単:

» オルビス [オルビス 口コミ]
オルビスは何処で買えるの?通売で買うのとオルビス店舗で買うのはどっちがいいの?とかオルビスの口コミはどうなってるのとか・・・オルビス 化粧品について [続きを読む]

« 2010年5月北京レポートその3ー王府井(後編) | トップページ | 2010年5月北京レポート中休み編1ーストリートスナップその1 »