最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 8月で閉店する四条河原町阪急の思い出 | トップページ | 2010年5月北京レポートその5ー大望路付近(前編) »

2010年6月20日 (日)

「バーバリープローサム」メンズコレのライブ配信&一般消費者向けのオンライン受注

遅ればせながら、2010-11年春夏ミラノメンズコレクションをネット上でライブ配信した

「バーバリープローサム(BURBERRY PROSUM)」のショーを見ました。

キラキラ、そして、黒とベージュ。「バッグも買ってチョ」とばかりに、バッグをこれみよがしに見せつけていたような気がしたのは、一般のファンの目線を意識していたからなのかな。

先シーズンから、コレクションのライブ配信は非常に増えているんですが、今回の「バーバリープローサム」さんはショーの後すぐにburburry.comで一般の方でもコレクションに登場していた商品の受注が出来るようにしておられたのが、新しい試みでした。

「バーバリープローサム」は元々リアルクローズ的なブランドで、客層も広く、買い易く、「現物を見ずに衝動買いして失敗した」というクレームは出にくいタイプの商品だと思います。コレクションラインですから、そもそも買える層はある程度限定されてきますし。

とはいえ、ネットでの受注によって、これまではファッションのショップにあまり足を運ぶことがなかったような方々にもリーチできるのではないでしょうか。

と思いつつ、buburry.comのサイトを見たところ、

トップページには日本語で

「2011年春夏バーバリープローサムメンズコレクションより、アウターとアクセサリーをご予約できます」

・・・とあるんですが、

「SHOPPING FAQS」のページに

「Where do you deliver?

We currently offer delivery to addresses in the following countries:
Austria, Belgium, Bulgaria, Cyprus, Czech Republic, Denmark, Estonia, Finland, France, Germany, Greece, Hungary, Ireland, Italy, Latvia, Luxembourg, Malta, Netherlands, Poland, Portugal, Romania, Slovakia, Slovenia, Spain, Sweden and the United Kingdom (excluding the Channel Islands).

Please refer to the delivery table above to see which zone your dispatch country is in.」

・・・と書かれてありまして、国名の中には日本(JAPAN)は含まれていないようですね。

これ、ちゃんと「一部地域のみのご対応になります」と明記すべきだと思いますが・・・残念。日本の皆様は、これまで通り実店舗でシーズンになってから購入いたしましょう。

« 8月で閉店する四条河原町阪急の思い出 | トップページ | 2010年5月北京レポートその5ー大望路付近(前編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/35368526

この記事へのトラックバック一覧です: 「バーバリープローサム」メンズコレのライブ配信&一般消費者向けのオンライン受注:

« 8月で閉店する四条河原町阪急の思い出 | トップページ | 2010年5月北京レポートその5ー大望路付近(前編) »