最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« <8/4>夜、ゾゾ(ZOZO)さん子会社・澤田社長のセミナーを東京・両国で開きます | トップページ | 観光ビザ発給基準緩和以降、銀座地区の中国人観光客が増えている!? »

2010年7月22日 (木)

ファーストリテイリング、キャビンの婦人服事業から撤退へ

日本経済新聞さんの夕刊の見出しを見て、

「嗚呼、やっぱり」と思いました。

ファーストリテイリングさんのホームページにも掲載されておりますが、同社は「ザジ」「アンラシーネ」などのキャビンさんのブランドを、平成23年をめどに休止するそうです。

アラフォーのさくらにとっては、キャビンさんが、今でいうと、「ローリーズファーム」とか「アースミュージックアンドエコロジー」なんかのように、駅ビルやファッションビルを席巻していた時代もあったなぁという記憶があるだけに、

「諸行無常」を感じてしまいますが・・・。

多品種大量モデル、「GAP」などよりは短いと言っても婦人服の人気SPAと比べると生産サイクルが長いユニクロさん的なやり方の亜流の手法では、

多品種少量、短サイクルでどんどん新型を投入し高回転の商売を行う婦人服SPAモデルには太刀打ち出来かったのだろうなということ(特に、素材とデザインのバリエーションが決定的に不足しているように思っていました)と、

途中から完全に、ピュアヤング、ヤングの市場で戦うことを放棄し、

35歳以上に逃げてしまったということ自体が、

「旬の婦人服屋」ではない=ブランド価値を自ら下げることになってしまった、

以上2点が、大きな敗因なのではないかと思います。

いくら日本人のヤングの人口が減って来ているといっても、若さや新しいきらめきのない企画には、30代、40代もついてこないように思うんですよね。

ファーストリテイリングさんですら、「ユニクロ」「セオリー」以外の事業はなかなかうまく軌道に乗せられない・・・やはり、それくらい、ファッションビジネスというのは、難しいものなのだろうと思います。

むしろ、損切りが早かったことをプラスに評価すべきところなんでしょうね、キャビンさんがなくなってしまうことは寂しいことですが。

« <8/4>夜、ゾゾ(ZOZO)さん子会社・澤田社長のセミナーを東京・両国で開きます | トップページ | 観光ビザ発給基準緩和以降、銀座地区の中国人観光客が増えている!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/35857805

この記事へのトラックバック一覧です: ファーストリテイリング、キャビンの婦人服事業から撤退へ:

« <8/4>夜、ゾゾ(ZOZO)さん子会社・澤田社長のセミナーを東京・両国で開きます | トップページ | 観光ビザ発給基準緩和以降、銀座地区の中国人観光客が増えている!? »