最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 商業界『ファッション販売』8月号に、セシール様「アニタ アレンバーグ」について書かせて頂きました | トップページ | 古着セレクトショップのウィゴー(WEGO)がジョルダーノジャパンを買収 »

2010年7月 2日 (金)

ラルフローレンの「ラグビー(Rugby)」が、今秋日本に上陸

海外情報に詳しいファッション業界人などの間で、以前から「イケてるブランド」として話題になっておりましたポロ・ラルフローレンの「ラグビー(Rugby)」が、

今秋、日本に上陸するそうです(日本繊維新聞さんのサイト「nissenmedia」の記事をご覧下さい)。

さくら的には、「ラグビー」は百貨店さんの「ポロ・ラルフローレン」のインショップでちょくちょくお買い物をしていて、インポート好きの層が多い40代には、それなりには受けるんじゃないかと思っております。

それと、一部のギャル系(マルキュー系)ブランドさんのネタ元にも成りうるだろうなと。

ただ、いわゆる、「ボン・キュッ・ボン」というシルエット、すなわち、ウエストマークして胸とお尻のセクシーさを強調するスタイルですので、それとは対極の、昔平成ブランドのレイヤードルックにはまっていたとか、チュニック中心のゆるカジ、ナチュラル系好きの30代には、あまり受けないだろうなという気がいたしますね。

気になるのは、価格です。米国の「ラグビー」のサイトのプライスを見ても、現在の日本のアパレル市場にそのまま持ってきたとしても、決してお安くはない価格帯ですから。

ラルフローレン系のブランドさんは、中国で躍進目覚ましい韓国のイ・ランド社さんの有力なネタ元になっていると思いますので・・・。

パクリ、と言うと聞こえが悪いですので、「参考にしている」と婉曲に申し上げておきますが、「参考にしている」側が市場を席巻し先駆者利潤を取りまくっているのを放置せず、

「本家」の世界観と商品企画の素晴らしさを中国のお客様に見せつけるべく、

日本はそこそこにしておいて、なるべく早く、高い商品でもガンガン売れている伸び盛りの中国市場に進出されて面取りしていかれるべきではないかという風に私は思います。

« 商業界『ファッション販売』8月号に、セシール様「アニタ アレンバーグ」について書かせて頂きました | トップページ | 古着セレクトショップのウィゴー(WEGO)がジョルダーノジャパンを買収 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/35606354

この記事へのトラックバック一覧です: ラルフローレンの「ラグビー(Rugby)」が、今秋日本に上陸:

« 商業界『ファッション販売』8月号に、セシール様「アニタ アレンバーグ」について書かせて頂きました | トップページ | 古着セレクトショップのウィゴー(WEGO)がジョルダーノジャパンを買収 »