最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« メレル(MERRELLE) | トップページ | 書評:高畑正幸著『究極の文房具ハック』 »

2010年10月 6日 (水)

oriami ファッショントレンドセミナーの御案内

mizmizさんこと、

ブログ「縫製工場が地球を回す」の執筆者であり、

関東有数の有力縫製工場の経営者であるケーエム縫製社長・水谷浩陸さまから、

「瀧定大阪さんが開催されるセミナーについて皆さんにお知らせして頂けませんか」という
依頼がございましたので、

ご紹介させて頂きます。

私自身は、下記の「oriamiファッショントレンドセミナー」について聞いたのは初めてですが(ひょっとして今回から始まる企画なんでしょうか?もしくは、始まって日が浅いものだろうと思います)、

講師の磯野信江様は業界では著名な方でいらっしゃいますし、

さらには、瀧定大阪さんは、テキスタイルのプロ!

情報収集力及び分析力は高いと思いますので、

最近、アジア系のデザイナーを筆頭にリアルクローズが強くセールス面では好調なニューヨーク・コレクションのレポートと、1年先のテキスタイルトレンド予測を同時に聞ける本セミナーは、

即、仕事に役立つ内容になっているのではないかという気が致します。

以下、水谷社長のブログから転載させて頂きます↓↓↓


【告知】

「oriami ファッショントレンドセミナーの御案内」

この度oriami編集局にでNYコレクションセミナーを開催させて頂く運びとなりましたので、
御案内致します。
第1部:「2011S/S NYコレクションセミナー」(約2時間)
第2部:「2011.2012AW トレンド&素材セミナー」(約50分)

第1部で講師を努める礒野氏はNY在住ファッションジャーナリストで、ビジネスとトレンドの
バランスが取れたキレのあるトークで定評がある方です。
景気回復の兆しが明確に見え始めているNYでのファッションビジネス動向、最近注目されている
アレキサンダーワンに代表されるヤングデザイナー達の動きなどを直接現地で取材した
リアルな空気感でお伝えします。

第2部の瀧定大阪株式会社 企画部所属 浜野千佳の「2011AWファッション&テキスタイル
トレンド予測」では、トレンド分析を行い、国内外の素材展を見てきた本人が来秋冬で
抑えておきたい素材のキーポイントを、コンパクトに分かり易くお伝えします。
その前の週にはJITACも開催されており、本格的な素材展シーズンの前に頭の整理をして
頂ける内容になっております。

受講料はお一人様5000円(ビジュアル冊子付き)です。コレクションセミナーの中では、
比較的リーズナブルな設定となっておりますので是非ご検討下さいませ。

詳しくは添付ファイルをご参照下さい。

オリアミセミナー パンフ2.pdf

oriami セミナーをどうぞ宜しくお願い致します。

oriami 編集室
浜野 千佳

« メレル(MERRELLE) | トップページ | 書評:高畑正幸著『究極の文房具ハック』 »

コメント

注目って…なんだろう…?

【告知】のご協力、ありがとうございました。
これからも(ちょくちょく)お願いしやす。

どういたしまして。
公益性の高い情報でしたら、どしどしご紹介して参りたいと思いますので、よかったらまたお声をかけてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/37111749

この記事へのトラックバック一覧です: oriami ファッショントレンドセミナーの御案内:

« メレル(MERRELLE) | トップページ | 書評:高畑正幸著『究極の文房具ハック』 »