最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 食品売り場の活気が魅力ー東急百貨店たまプラーザ店 | トップページ | 『ファッション販売』連載、12月号はお休みです »

2010年10月29日 (金)

ロンドンコレクションが装飾男子化

昨日付けの繊研新聞さんの最終面を見ながら、

「2011年SS(春夏)シーズン向けロンドンコレクションは、装飾男子化しているな」

・・・と思いました。

来春夏は、レディスも色柄が華やかなシーズンなんですが、

男性でもおしゃれな方ほどレディスの感性に近いプリント柄だったり、フリルなどのディテールのこなし方がうまかったりしますよね。

先日、あるところで、レディスのアイテムをとても素敵にコーディネートに取り入れておられる若い男性の方のストリートスナップを拝見し、ぐっと来たばかりでしたので、

余計にそう思いました。

« 食品売り場の活気が魅力ー東急百貨店たまプラーザ店 | トップページ | 『ファッション販売』連載、12月号はお休みです »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/37435971

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンコレクションが装飾男子化:

« 食品売り場の活気が魅力ー東急百貨店たまプラーザ店 | トップページ | 『ファッション販売』連載、12月号はお休みです »