最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 開放的な設計が特徴の準郊外型商業施設ーたまプラーザテラス | トップページ | イオングループ、アジアへのSC出店を加速化 »

2010年10月26日 (火)

躍動感溢れる「ピエール・エルメ・パリ」のクリスマスケーキ

すみませんが、疲れ気味なので、たまプラーザの話題の続きは明日以降に書かせて頂くとして、

元気が湧きそうな話題を1つ。

そろそろ、クリスマスを意識するシーズンですね。ファッション業界の方は、パーティウェアのご提案とか、コートの販売とか、梅春物とか、そういったことに頭を巡らしておられると思いますが、

グルメな私は、何と言っても、クリスマスケーキ!これを飛ばして、年末に向かうことは出来ません。

さっき、ぼんやりVOGUE NIPPONさんのウェブサイトを見ていたら、

「ピエール・エルメ・パリ」の、

非常に個性的なクリスマスケーキの画像を発見して興奮してしまいました。

同社のサイトに掲載されている商品群の、一番左上のもの・・・ということは、ネットの鉄則で、一番お勧めの商品ということになりますが・・・が、それです。

いわゆる、伝統的な「プッシュ・ド・ノエル」がリノベーションされて、こういうスタイルになったんでしょうか。

丸太に突き刺さった斧の、躍動感ある動き、こげ茶と赤ですっきりとまとまった色使い、そして、何より、きっと、一口口に含むと、ほっぺたがとろけそうに美味しいんだろうな、と思わせるたたずまい・・・。

お値段の21,000円にも、仰天するんですが、「このブランドさんの、このデザインなら、ありかな」と、納得させるだけの店格と商品力をお持ちであるところが、素晴らしいと思います。

一目見て、すぐに、「創造的破壊」というキーワードが脳裏に浮かんだんですが、

目を凝らしてサイトをよくよく見てみると、

「アルケオロジー デ レーヴ(夢の考古学)」という、

もっとファンタジックな名前が付いておりました。

2010年の年の瀬、未来に思いを馳せる若き起業家やクリエーターの皆さんに、プレゼントしてあげたくなるデザインです。

« 開放的な設計が特徴の準郊外型商業施設ーたまプラーザテラス | トップページ | イオングループ、アジアへのSC出店を加速化 »

コメント

ブッシュ・ド・ノエルの新解釈!大胆です。
あの斧で切り分けるんでしょうかね。
それにしてもお値段が……(笑)

プロトさま、書き込みありがとうございます。

いや〜、私も、目からウロコだなぁと思いました。

しかし、限定10個とはいえ、21,000円もするクリスマスケーキ、今日びの洋服よりもお高いお値段で、本当に凄いなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/37392356

この記事へのトラックバック一覧です: 躍動感溢れる「ピエール・エルメ・パリ」のクリスマスケーキ:

« 開放的な設計が特徴の準郊外型商業施設ーたまプラーザテラス | トップページ | イオングループ、アジアへのSC出店を加速化 »