最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 躍動感溢れる「ピエール・エルメ・パリ」のクリスマスケーキ | トップページ | 食品売り場の活気が魅力ー東急百貨店たまプラーザ店 »

2010年10月27日 (水)

イオングループ、アジアへのSC出店を加速化

すみません〜、忙しすぎて、たまプラーザネタの続きがなかなか書けず、申し訳ないのですが、

明日に備えて、早く休みたいので、今夜は自分へのメモ書きのみでご勘弁下さい↓↓↓

イオン、アジア出店に3年で2100億円、世界3本社体制へー平成22年10月23日(水)日本経済新聞

今日(というか、もう昨日ですが)もある方とそういう話になったんですが、中国は今や、日本向けの製品を作る場所から、日本の商品を売りに行く場所になったんですよね(と単純に一言では言い切れないほど、巨大な国ではありますが)。

« 躍動感溢れる「ピエール・エルメ・パリ」のクリスマスケーキ | トップページ | 食品売り場の活気が魅力ー東急百貨店たまプラーザ店 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イオングループ、アジアへのSC出店を加速化:

« 躍動感溢れる「ピエール・エルメ・パリ」のクリスマスケーキ | トップページ | 食品売り場の活気が魅力ー東急百貨店たまプラーザ店 »