最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 宝島社の雑誌『グロー(GLOW)』の消化率は97% | トップページ | 「ヨーコ チャン(YOKO CHAN)」、人気ブランドに成長中 »

2010年11月14日 (日)

札幌から博多へ!サツコレ実行委員長・佐々木大輔氏の活躍

今日自宅に届いたWWDジャパンさんの11月15日(月)号に、サツコレこと札幌コレクション実行委員長・佐々木大輔氏の連載「"Glocal" Standard」が掲載されていました。

地方都市で、でっかいファッションイベントを立ち上げ、ムーブメントを継続し、その中から新しい人が育っている好例で、いつも楽しみに読ませて頂いていたのですが、

今回の連載では、佐々木氏が今年3月にオープンする博多阪急さんのF1層向けプロモーションを手掛けていかれるということが発表されておりました。

佐々木氏のブログ「RE:COMMEND」の11月10日付けエントリ「passport for fashion」にも、博多阪急さんの記者発表の模様が紹介されておりました(リンクを貼らせて頂きました)が、

最近元気の出るような話題が少ないファッション業界にあって、

久々に、読んでいて心が高揚するような、希望を感じるニュースだなと思いました。

私自身も岡山という地方の出身ですし、「地方が厳しい、厳しい」という皆さんのお声はある面真実で、本当におっしゃられる通りだと思うんですが、

自ら祭りを立ち上げることは十二分に可能なんじゃないかと。

そして、WWDさんの中で佐々木氏が語っておられるように、何をやるにも予算が必要ですので、スケールの大きなイベントにするためには、企業のバックアップというのも、不可欠だと思います。

博多阪急さんに関しては、「阪急メンズ館」を立ち上げ、消費者向けのイベント「メンズ館ナイト」を開催なさっておられるほどのパワーのある企業さんですから、社内の人材自身で何か出来なかったのかな、ともちょっと思うところがありますが、

関西風のノリで博多に上陸というのが、ひょっとしたら上から目線とか、地域性に合わない企画になってしまうのでは、という配慮もあったのかな、とも思います。

札幌から博多、というのが、日本の北の拠点と南の拠点を結ぶという意味合いからも、ベストな人選だと思われたのでしょうね。佐々木氏を起用されたのは、素晴らしい英断だと思います。

« 宝島社の雑誌『グロー(GLOW)』の消化率は97% | トップページ | 「ヨーコ チャン(YOKO CHAN)」、人気ブランドに成長中 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/37655313

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌から博多へ!サツコレ実行委員長・佐々木大輔氏の活躍:

« 宝島社の雑誌『グロー(GLOW)』の消化率は97% | トップページ | 「ヨーコ チャン(YOKO CHAN)」、人気ブランドに成長中 »