最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 伊勢神宮内宮前・「おかげ横丁」のこと | トップページ | 「ギャクソウ(GYAKUSOU)」のレディスは発売されないんでしょうか? »

2010年12月12日 (日)

「ラグアンドボーン(rag & bone)」の男性デザイナー2名はイギリス人

仕事の合間に雑誌『メンズノンノ』の1月号を読んでいて知ったんですが、

ブランド「ラグアンドボーン(rag & bone)」の

男性デザイナーである

マーカスウェインライト氏(Marcus Wainwright)と、デービッド・ネビル氏(David Neville)は、

お二人共、アメリカ人ではなくて、イギリス人なんだそうです!

ブランド自体は、アメリカ発のブランドなんですが、

あの独特のテイストをどのように説明したら良いのか、

私の中で何か心に引っかかるものがあったんですが、

「そうだったんだ」と、はたと手を打ちました。

敢えて引用は差し控えさせて頂きますが、『メンズノンノ』さんの中では、彼らのテイストを非常に明快に言葉として表現なさっておられましたので、(まさに「その通り」だと非常に感心したのですが)、ご興味のある方は、是非同誌を買って読んで下さい。

蛇足ですが、ブランドのことを英語版のWikipediaで調べようとして知ったんですが、「rag and bone man」とは、「くず屋(ボロ屋)のおじさん」という意味なんですね。

日本人にはピンとこないところがあると思いますが、英語圏の方にとっては、カウンターカルチャー、ユースカルチャーとしてのブランドの旗印を鮮明にした、刺さるブランド名なんだろうという気が致します。

「ラグアンドボーン」さん、最近はアメリカでは好調らしいということを、どこかのブログで拝見した記憶がございます。

商品的には、ダボダボではなく、シャープなシルエットのアメカジで、他と差別化されているところがいいのだろうと思いますが、もう1点、ブランドさんの公式ブログを拝見して思ったんですが、直営店のウィンドウディスプレイや店内の内装が綺麗で、こだわりが感じられるところも、優れているように思いますね。

« 伊勢神宮内宮前・「おかげ横丁」のこと | トップページ | 「ギャクソウ(GYAKUSOU)」のレディスは発売されないんでしょうか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/38055612

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラグアンドボーン(rag & bone)」の男性デザイナー2名はイギリス人:

« 伊勢神宮内宮前・「おかげ横丁」のこと | トップページ | 「ギャクソウ(GYAKUSOU)」のレディスは発売されないんでしょうか? »