最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 「新三郷の『イケア(IKEA)』対『ニトリ』」に加筆致しました | トップページ | 本日<1/19>午後6時半から、「ブログ部」のUStream生中継、やります »

2011年1月18日 (火)

「文化香奈儿CULTURE CHANEL」展

上海当代艺术馆(筆者訳:上海現代芸術館)で、1月15日から、

文化香奈儿CULTURE CHANEL」(筆者注:「香奈儿」は「シャネル」の中国語表記)と題した展覧会が始まったそうです。

ラグジュアリーブランドさんは、どのブランドさんも、中国に対して、徹底的に「服飾文化」としてのブランドの価値の啓蒙を重視しておられますよね。

何歩か先に市場が成熟してしまった日本では、最近もルイ・ヴィトンさんが表参道ビルの7階に「エスパス ルイヴィトン東京」をオープンしたように、アートとの蜜月振りをアピールするケースが目立つんですが、

ファッション好きなさくらとしては、上海での今回の「シャネル(CHANEL)」さんの展示のように、

変化球、くせ球もいいんですが、もっと素直にストレートな形でファッションを、ブランドの歴史とアーカイブをまとまった形で日本でも見せてくれると嬉しいな、という気が致します。

知的遊戯よさらば、シンプルな美を!中国に行けば、日本では既に失われたモードへの情熱を取り戻せるんでしょうか。

上海当代艺术馆は、南京西路に面した人民公園という、非常にわかりやすい場所にございますので、仕事や観光で向こうにいったついでに鑑賞、というのも、比較的やりやすいと思います。出来れば私も行きたいなぁ。

« 「新三郷の『イケア(IKEA)』対『ニトリ』」に加筆致しました | トップページ | 本日<1/19>午後6時半から、「ブログ部」のUStream生中継、やります »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/38511531

この記事へのトラックバック一覧です: 「文化香奈儿CULTURE CHANEL」展:

« 「新三郷の『イケア(IKEA)』対『ニトリ』」に加筆致しました | トップページ | 本日<1/19>午後6時半から、「ブログ部」のUStream生中継、やります »