最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 旧暦研究家・元クラボウ常務の小林弦彦氏が死去 | トップページ | サザビーリーグのMBO(マネジメント・バイアウト)が成立、上場廃止へ »

2011年1月14日 (金)

ハニーズ、中国でメンズを開始

(なかなかイケア対ニトリのエントリへの加筆が出来ずすみません。週末までお待ち下さい)。

次々と、備忘録的に記しておきたいニュースが出て参りますね。

1月11日(火)付けの繊研新聞さんに、

レディスカジュアル専門店の「ハニーズ」さんが、

中国の百貨店さんからのオファーを受けて、

中国で今年の4月から、日本では手掛けていないメンズをスタートさせるという趣旨の記事が掲載されておりました。

同紙によると、「既存の大型店20〜25店舗でコーナー展開を始め、ゆくゆくは単独店舗も検討する」とのことです。

昨年12月18日に、「アジアの旗艦店意識かーアズールバイマウジー(azzul by moussy)新宿店」というエントリを書かせて頂きましたが、

その中でも述べさせて頂いた通り、

私は前々から、デンマークのベストセラー社による「オンリー」「ヴェロモーダ」のレディス2ブランドとメンズの「ジャックジョーンズ」が、

時には複合ショップ、時にはブランドごとに独立したショップで3フロアにまたがって展開、といった形で、融通無碍に面積を変え、百貨店やショッピングセンターの中で良い位置を獲得していることや、

メンズもレディスに負けず劣らず人気を得ている様子を見て、

「中国ではレディス単独よりも、メンズ&レディスの総合ブランドの方が有利なのではないか」と思っていたのですが、

今回、日本側から提案する前に、中国の小売業さんの側からハニーズさんにとって恐らくプラスになるであろうご提案が得られて、

とても良かったのではないかな、という気がしております。

繊研新聞さんの記事の中に、「価格はレディスより少し高く、ワンランク上の素材を使う」とございましたが、これも、恐らく正しい戦略なのではなかろうかという風に感じました。

売り場を実際に拝見出来るようになる日が、楽しみです。ハニーズさんには、メンズの方も是非頑張って成功させて頂きたいと思います。

« 旧暦研究家・元クラボウ常務の小林弦彦氏が死去 | トップページ | サザビーリーグのMBO(マネジメント・バイアウト)が成立、上場廃止へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/38458607

この記事へのトラックバック一覧です: ハニーズ、中国でメンズを開始:

« 旧暦研究家・元クラボウ常務の小林弦彦氏が死去 | トップページ | サザビーリーグのMBO(マネジメント・バイアウト)が成立、上場廃止へ »