最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 博多阪急の事前イベントが好調&品揃えの「拡縮」作戦に注目を | トップページ | メンズ・バギーパンツの王様=「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」 »

2011年2月14日 (月)

映画「ソーシャルネットワーク(SOCIALNETWORK)で取リ上げられた「ヴィクトリアズシークレット(Victoria's Secret)」の悲劇

今日は、今話題のソーシャルネットワーキングサービス「フェイスブック(Facebook)」の創業者、マーカス・ザッカーバーグを主人公にした映画

「ソーシャルネットワーク(SOCIALNETWORK)」を見て参りました。

(ここから先は、若干ネタバレの要素が含まれますので、まだ映画をご覧になっていない方は読まないで下さい)。

映画の中に幾つかファッションにまつわるシーンがございましたので、ご紹介させて頂きます。

まず、一番びっくりしたのは、私も知らなかったんですが、ナップスターの創業者であるショーン・パーカー氏が、主人公マークに向かって、アメリカの有名下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット(Victoria's Secret)」の創業者ロイ・レイモンドが、ブランドをリミテッド・ブランズに売却した後、自殺した、というものです。

先程ネットで検索をかけたら、このことに言及したサイトを幾つか発見致しました。その1つ、「The Tragic Secret Behind Victoria's Secret)」(筆者訳:ヴィクトリアズシークレットに隠された悲劇的な秘密)をご紹介しておきます。

映画の中では、他にも、後にマークに対し「自分たちが先に考えたアイデアを盗用した」と裁判を起こした3人組の中の2人、屈強なボート部の双子の兄弟が、マークの行為がハーバード大学の倫理規定に違反するとして、学長に直訴しに行くシーンで、

お揃いのスーツに色違いのネクタイを締め、いわゆるアイビールックで決めた2人を見て、開口一番、「君達まるで『ブルックスブラザーズ』の店員みたいだね」と学長がジョークをとばすシーンとか、

マークが共同創業者のエドヴァルド・サベリン(この映画の副主人公的な存在。彼もまた、後でマークを訴えるんですが)に向かって、「フェイスブック」の特徴を、

「永遠に成長が終わらない。まるでファッションみたいに」と語るシーンなどが出て来ます。

映画の一番冒頭の、2004年冬の風景、胸元に「GAP」のロゴが入っただぶだぶのグレーのパーカーに、これまただぶだぶのブルージーンズ、大きなリュックを右肩から下げたマークの姿に、アメリカの一流大学のギーク(ネットおたく)っぽい雰囲気が非常によく表現されていました。

蛇足ですが、ハーバード大の学長が、双子の兄弟の直訴に耳を傾けず、「君達、ハーバードの学生ならば新しい何かを創造したまえ」的な言葉を投げかけるシーンが、アメリカらしくて、非常にいいなと思いました。

« 博多阪急の事前イベントが好調&品揃えの「拡縮」作戦に注目を | トップページ | メンズ・バギーパンツの王様=「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/38859523

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ソーシャルネットワーク(SOCIALNETWORK)で取リ上げられた「ヴィクトリアズシークレット(Victoria's Secret)」の悲劇:

« 博多阪急の事前イベントが好調&品揃えの「拡縮」作戦に注目を | トップページ | メンズ・バギーパンツの王様=「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」 »