最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 最近の出来事と雑感(地震後の展示会、ファッションショーなど) | トップページ | ひとり言 »

2011年4月26日 (火)

日本の「打算」、中国の「打算」

細々とですが、中国語を勉強していて面白いなと思うのは、

同じ表記なのに、日中で意味が異なるケースが存在することです。

言葉が大陸から伝わって日本に定着するまでの間に、伝言ゲームの聞き取り間違いや勘違いがあったりしたのか、

あるいは、お国柄の違いが自然と意味にまで反映されてきたのか、

その理由を推察すると、本当に言語の世界は奥が深いなというか、面白いなと思ってしまいます。

そういう例の1つが、

   「打算」

・・・という言葉で、

日本では、「あの人は打算的だ」などと否定的な意味に使われることが多いんですが、

中国では、「○○するつもりだ」とか「これからのことを計画する」という意味で、否定的なニュアンスはないんですよね。

そもそも、「算」の字は、

中国でも日本でも「計算する」という意味なんですが、

ある思い、大志の下に、きっちりとした戦略、戦術、
数値目標があって、初めて初志貫徹が可能となる、というのが、

中国的な考え方なんだろうと思います。

中国の方々の商売上手な点に関して、いろいろな見方があると思いますが、
見習うべきところも多いんじゃないかと、私は思っています。

特に、起業家、クリエーターの方々は、きっちり「打算」すべきです。
思いだけでは、売ってナンボのファッション業界で生き残っていくのは難しい。

私自身が商売をやっている訳ではないのにおこがましい言い方だと思いますが、
ジャーナリストでもプロデューサーでも同じことで、
特に、アジアで飛躍したい方はそのことを常に念頭においておく必要があるように感じています。

« 最近の出来事と雑感(地震後の展示会、ファッションショーなど) | トップページ | ひとり言 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/39755319

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の「打算」、中国の「打算」:

« 最近の出来事と雑感(地震後の展示会、ファッションショーなど) | トップページ | ひとり言 »