最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 中国の著名編集者・洪晃氏がエスモード北京に奨学金提供 | トップページ | ELLE CHINAが見た日本VS韓国、旅の魅力はどう違う? »

2011年9月12日 (月)

ヴィヴィアン・タムが中国の大手スポーツブランド「李寧」とのコラボでヨガ・ウェアを発表

この記事、なかなか切り口が面白いと思いましたので↓↓↓

Vivienne Tam瑜伽服ーYahoo!香港(筆者訳:「ヴィヴィアン・タム」のヨガウェア)

ファッション・デザイナーのヴィヴィアン・タム(Vivienne Tam)氏が、

現在開催中の2012年春夏シーズン向けのニューヨーク・コレクションにおいて、

中国の大手スポーツブランド「Li Ning(李寧)」(記事の中では「中國人必定認識的」(筆者訳:中国人なら必ず知っている)と記されていますね)とコラボしたヨガウェアを発表するというニュースは、

アメリカでも少し話題になっておりますが、

香港の新聞『星島日報』の記者さんは、

中国にデザインの文化的背景を持つ「ヴィヴィアン・タム」と、オリンピックの金メダリストによるブランド「李寧」のコラボは、

「一對極合襯的組合」(筆者訳:一対の極めてぴったりと合った組み合わせ)だと称賛する一方で、

「雖然這次Vivienne Tam x Li Ning的瑜伽系列來得有點遲」(筆者訳:しかしながら「ヴィヴィアン・タム」と「李寧」のヨガシリーズの登場は少し遅い)とも。

確かに〜「アディダス・バイ・ステラマッカートニー」がリリースされたのは、もう大分前のことですよね。香港の新聞さんは、やはり感覚がリベラルで、批評精神がいい意味で旺盛だと思います。「遅い」と言われても、仕方ないかも〜と私も思います。

« 中国の著名編集者・洪晃氏がエスモード北京に奨学金提供 | トップページ | ELLE CHINAが見た日本VS韓国、旅の魅力はどう違う? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/41657609

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィヴィアン・タムが中国の大手スポーツブランド「李寧」とのコラボでヨガ・ウェアを発表:

« 中国の著名編集者・洪晃氏がエスモード北京に奨学金提供 | トップページ | ELLE CHINAが見た日本VS韓国、旅の魅力はどう違う? »