最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 東京大学服飾団体fab モード&サイエンス ファッション・イヴェント『via 1.43』 | トップページ | ユニクロは中国ではネット通販でも注目企業 »

2011年12月12日 (月)

Dスクール(d. school)的学びの対象としてのファッション

昨日(というか、もう一昨日のことになりますか)、

東京大学服飾団体fabさんのイヴェントを見ながら思っていたんですが、

ゼロ年代の中頃の時期くらいから提唱されるようになった、

「Dスクール(d. school)」的な試みに学生さん達が自主的に取り組んでおられるように思えて、

非常に良いことではないかと思いました。

「Dスクール(d.school)」=Institute of Design というのは、

スタンフォード大学に世界で一番最初に創設されたコースで、

狭義のデザインのための学校ではなく、

イノベーションとクリエーションのための訓練の場、であるようなんですが、

ファッションを題材として、一般大学や高等学校の学生さん達に、洋服やブランド、売り場、売り方、ビジネスプロセスの設計などを行ってもらうと、

既存の枠組みを超え、なおかつ生活者の心を捉えるようなユニークなアイデアがいろいろ出て来るような気がいたしますね。

今、ネットで検索をかけていて知ったのですが、

東京大学さんには、大学さん自体が「Dスクール(d school)」をモデルに開設された「東京大学i.school」という講座も存在するようで、さすがです。

« 東京大学服飾団体fab モード&サイエンス ファッション・イヴェント『via 1.43』 | トップページ | ユニクロは中国ではネット通販でも注目企業 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/43344388

この記事へのトラックバック一覧です: Dスクール(d. school)的学びの対象としてのファッション:

« 東京大学服飾団体fab モード&サイエンス ファッション・イヴェント『via 1.43』 | トップページ | ユニクロは中国ではネット通販でも注目企業 »