最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« 続「ジョンマスターオーガニック」 | トップページ | 自然と食を真ん中に据えた都会のおへそー代々木VILLAGE by kurkku »

2012年1月16日 (月)

続々「ジョンマスターオーガニック」ーコスメとファッションのトレンドの根っこは同じ!?

「ジョンマスターオーガニック」のことが気になって、

いろいろ調べているうちに、

ゼロ年代の、特に後半に入ってからの

コスメの業界の変動が、

ファッション業界にも似ていることに気づきました。

いわゆる「自然派コスメ」同様、

自然=ナチュラルを謳ったファッションは、

それこそ、ゼロ年代後半の

F1層向けファッションのメインストリームだった、

「ナチュラル系」「ナチュカジ」ブームの「ナチュラル」と

言葉としてはまったく同じではありませんか!

この2つのナチュラルブームの根底には、

等身大の生き方、内面の美しさを重視する女性達の意識の変化が

同じように流れていることに相違ないように思います。

但し、ファッションの「ナチュカジ」の方が、

元々『ナチュリラ』『リンネル』に登場していたような、麻などの天然繊維をメインにしたブランド

(「アーツサンドサイエンス」「スースースー」「ネストローブ」「エヴァムエヴァ」など)、

これらを個人的には「真性ナチュカジ」と呼称したいのですが、

これらのブランドよりも、

この流れを取り込んで、元々は異なるテイストからスタートしていたにも関わらず「ナチュカジ」にシフトしよりブランドの客層の幅を広げ巨大ブランドに成長した低価格カジュアルブランド群

(その2大代表格は、

昔のDCブランドっぽいゆるデコファッションからナチュカジに転身した「ローリーズファーム」と

昔のシンプルでディテールがあまりないアメカジ系レディスからナチュカジに転身した「アースミュージックアンドエコロジー」

・・・ですが)

「ナチュカジ」が、マスにまで浸透しきったというのが、

コスメの業界とは異なるファッション業界の状況だろうと思います。

(私は「真性ナチュカジ」と、この要素を後から取り込んだ「大手のナチュカジ」を別物として区別して考えております。「大手のナチュカジ」については、私は以前は「地味系カジュアル」と命名していましたが、ゼロ年代の後半からはヤングのとんがったファッションがどんどん小さな市場になり、地味系がマスでありながら時代を牽引するようになっておりますので、世間の一般的な呼称に合わせて「等身大カジュアル」と呼ぶようにしたいと思います)。

では、ファッションの「大手のナチュカジ」=「等身大カジュアル」が好きなティーンから30代、40代のミセス層が、

前述の自然派コスメを買っているかというと、

もちろん、買っておられる方もいらっしゃるでしょうが、

多くの方々にとっては、「欲しいな、けど、すごく高いわね」という価格帯であるように思います。

たぶん、ドラッグストアとかコンビニで、安可愛く、なおかつ香りにいやされたり、髪や肌が綺麗になるという効能がちゃんとある商品を一生懸命探して買っているのではないでしょうか。

と、ここまで書いて思ったんですが、

アパレル業界で「真性ナチュカジ」のブームをうまく取り込んで「大手のナチュカジ」がブレイクしたように、

コスメの業界でも、資生堂さんとかカネボウさんが、「自然派コスメ」ブームをもっとマスに落とし込みもっと買いやすい価格でうまく展開すれば、

そのブランドがブレイクする可能性は、やはり高いんじゃないか・・・。

この予想、ひょっとしたらはずれるかもしれませんが、個人的には、次に来る確率は非常に高いように思っています。

逆に、コスメの業界のトレンドがいずれアパレル業界にも、と私が思っているのは、

「韓流ブーム」です。

「韓流コスメ」ブームも、大きな意味では「自然派コスメ」ブームの流れの一部にあるように私は思っていて、

それでいて、自然の動植物のエキスを調合した、東洋的な製法は、

欧米発のオーガニックコスメとは異なる特徴を持ち、

さらには、日本人にとっては同じ東洋のカルチャーの流れの中にある商品で、ちょっと懐かしく、安心感のあるもののような気がします。

日本のアパレル業界が、勝ち組大手中堅さんと、本当に小さなクリエーターや小企業のブランド群に二極化し、

かつての日本のアパレル市場の豊穣さの象徴だった「中間層」=中規模の個性的なアパレルが淘汰される時になれば、

おそらく、アジアの外資がその穴を埋めて行く時代の幕開けになると思います。

もちろん、日本側の企業も勝ち組を中心にどんどん輸出していきますが、

こちらの市場にもいつの間にかアジアの多様なブランドが進出してくる、

ハイブリッドカルチャーの時代は、そう遠くない未来の話なのではないでしょうか。

« 続「ジョンマスターオーガニック」 | トップページ | 自然と食を真ん中に据えた都会のおへそー代々木VILLAGE by kurkku »

コメント

はじめてコメントします。
ナチュカジブランドについて調べていて、このブログを拝見しました。
洞察力、すばらしいですね!
ナチュラルかつリーズナブルな価格、という点では、「ナチュラシベリカ」というブランドに注目しています。
昨年12月に南青山にオープンしたオーガニックコスメブランドです。
ぜひ洞察記事を書いてください!

あびぞうさま、はじめまして。
お褒めにあずかり、恐縮至極です。
恥ずかしながら、「ナチュラシベリカ」のことはあびぞうさまのコメントを読んで初めて知りました。シベリア発、というのが、目新しいですね。
正直なところ、コスメに関しては全くのしろうとで、なおかつ個人としても多様な商品の使用経験がないので的確なコメントが出来そうにはないのですが、表参道方面に行った時に、お店を見て参りますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/43760751

この記事へのトラックバック一覧です: 続々「ジョンマスターオーガニック」ーコスメとファッションのトレンドの根っこは同じ!?:

« 続「ジョンマスターオーガニック」 | トップページ | 自然と食を真ん中に据えた都会のおへそー代々木VILLAGE by kurkku »