最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

両国さくらのお気に入りリンク♪

お断り

  • 本ブログと無関係なコメント、トラックバックは予告なく削除させて頂きます。

当方の連絡先について

  • 当方の連絡先は、次の通りです。#の代わりに@を入力してメールをお送り下さい。 ジャーナリスト「両国さくら」としての取材領域は、女性の目線で見たモバイル・ビジネス及びケータイ(モバイル)通販、ネット通販等が中心です。お気軽にお問い合わせ下さい。 ファッション・ビジネスについての取材は、本業との兼ね合いでお受けできるものと出来ないものがございます。ご相談事は、極力本業の方でお受けするようにしておりますので、予めご了解下さい。 underground1103#yahoo.co.jp

« ユニクロが中国に初のDRIVE-IN店舗(郊外型店舗)をオープン | トップページ | モチベーション需要獲得に貪欲な楽天ー次のスーパーセールは9月!? »

2012年6月 8日 (金)

こんなにライフスタイル市場狙いが増えると、逆にファッション市場にチャンスがあるんじゃないかと思ってしまう

これは、小売業についてではなくて、

小売業に商品を納める問屋さんやメーカーさんについての話なんですが、

ゼロ年代は、

アパレル市場が縮小する一方で

リビング、インテリア、ライフスタイル関連の、

特に高感度な業態が増えてきたのに連れて、

繊維製品や服飾雑貨の問屋さん、メーカーさんによる

ライフスタイル関連市場に照準を合わせたブランディング、商品開発が激増した時代だったように思います。

しかし、最近私は思うんですが、

みんながこぞってライフスタイル、ライフスタイルと叫んでいる今、

逆に、ファッション市場の方にチャンスがあるのではないかと思える事例を

結構あちこちで見かけます。

問屋さん以上に、メーカーさん、工場、生産系の方々が、

ファッションよりはライフスタイル市場向けの商品は定番性が高くて、

一度いいものを作ったら息長く売れるから安心だ・・・といった考え方を持っておられるケースが多いように思いますが、

それはあくまでも、明確なコンセプトがあり、優秀なディレクターとプロダクトデザイナーが開発している場合にしか言えないことで、

どこに特徴があるのかわからない、ぱっと見て「いいな、欲しいな」と思えない凡庸な商品しか開発出来ない企画チームの仕事だと、

バイヤーさんは寄り付いてはくれない、というのは、ファッションの場合と同様なんですよね。

もう1つ、全般的に、ファッションの売り場(セレクトショップや百貨店のファッションの売り場)と、ライフスタイル関連の新業態や、百貨店のリビング・インテリア売り場の価格帯を比べた際に、

ファッションの売り場の方が、はるかに高い価格が通るのが通例だという事実を見逃してしまっている方々が多いように思います。

確かに、春が来て、夏が来て、秋が来て、冬が来て、また春が来て・・・その度に新しい商品を開発しなければならないのは大変なんですが、

季節が移ろうごとに、時は巡り、人は年を取り、世の中全体の気分も変わっていくので、

その度ごとに、新しい“色”を求めて商品を買いたくなるのが、人間なんだろうと思います。

プロダクトデザインの分野では、機能優先、不易流行的な考え方が高い価値を持っているように思いますが、

ファッションの世界に存在するいい意味での軽やかさ、遊び心、時代の空気感を纏う心意気のようなものの価値を、

もっともっと再認識すべきではないかというのが、私の考えです。

製造メーカーさんのお立場だと、

生産設備を遊ばせたくないため、どうしても不安定なもの、リスキーなものを避けたい、だからファッションよりもライフスタイル関連に惹かれる、という気持ちになってくるというのは非常によく理解できるんですが、

ファッション分野でも、しっかりとしたビジネスを組み立てる力を持ったマーチャンダイザーとデザイナーと組めば(あるいはメーカーさんの経営者もしくは内部人材が、これらの機能の担い手となれば)、

粗利が非常に高いうまみのあるビジネスが展開できる、

製造系の多くの方が苦手としているこの分野に今、大きなチャンスがあることに早く気づいた者勝ちだと思います。

実際、最近横編みのニットメーカーさんなどの中から、ファクトリー発のスターブランドが幾つか出て来ているのが、よい証拠ではないでしょうか。

春、夏、秋、冬、いい商品を作って、良質適価で売りましょう。誰もがやっているからとか、逃げでライフスタイル市場に向かっては駄目ですよ。

« ユニクロが中国に初のDRIVE-IN店舗(郊外型店舗)をオープン | トップページ | モチベーション需要獲得に貪欲な楽天ー次のスーパーセールは9月!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62244/45570117

この記事へのトラックバック一覧です: こんなにライフスタイル市場狙いが増えると、逆にファッション市場にチャンスがあるんじゃないかと思ってしまう:

« ユニクロが中国に初のDRIVE-IN店舗(郊外型店舗)をオープン | トップページ | モチベーション需要獲得に貪欲な楽天ー次のスーパーセールは9月!? »